東海テレビ「愛の鈴号」

第37回東海テレビ「愛の鈴号」寄贈先施設募集は終了しました

東海テレビ「愛の鈴号」の贈呈について

東海テレビ放送と東海テレビ福祉文化事業団は、障がいを乗り越え自立を目指す人たちに役立ててもらうため、毎年、障がい者の社会福祉に携わっている社会福祉団体に「愛の鈴号」をお贈りしています。
愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市の各社会福祉協議会の推薦を受け、贈呈先を決定しています。
「愛の鈴号」の贈呈は、皆様から寄せられた義援金を元に昭和57年から続けており、今年で37回目を迎えます。これまでに268台が東海3県の社会福祉団体に贈られ、様々な福祉活動で活躍しています。

「愛の鈴号」の募集受付は終了しました

今年度の贈呈式は11月を予定しています。
贈呈する車両は、4ドア軽乗用車スバルプレオプラスです。両サイドに施設名を入れてお贈りします。
寄贈台数は、愛知県1台、岐阜県1台、三重県1台、名古屋市1台のあわせて4台です。