国宝・燕子花図屏風

あっという間に終わってしまったゴールデンウィーク。

皆様いかがお過ごしでしたか?

 

我が家では1歳児の息子が喜ぶお出かけスポット巡り!

と、意気込んでいましたが、

結局、私の行きたいところばかり優先してしまいました。

 

そのひとつが、東京・表参道の根津美術館

 

  DSC_0400.jpg看板.jpg

 

お目当ては、このポスターにもある

尾形光琳作 国宝「燕子花(かきつばた)図屏風」

 

毎年、かきつばたの咲くこの時期しか公開されない、

根津美術館を代表する作品です。

 

DSC_0399.jp外観.jpg

 

建物の設計は新国立競技場でも有名な隈研吾さんによるもの。

竹の格子が続く、特徴的な意匠のアプローチ。

ここを進むうちに、非日常へと誘われます。

 

DSC_0380.jpg石段.jpg

 

館内で燕子花図屏風を鑑賞した後は、広い庭園へ。

石段を下りてずんずん進みます。

 

息子はまだ前を向いて段を下りられないのですが、

後向きで手をついて自力で進みたがります。

 

DSC_0387.jpg人だかり.jpg

 

しばらく進むと、人だかりが見えてきました。

 

DSC_0392.jpgかきつばた.jpg

 

今や盛りと咲くかきつばた!!!

屏風を見て、本物を見て...。

なんと風流なことでしょう。

 

DSC_0385.jpgさつき.jpg

 

手入れが行き届いた初夏の庭園で駆け回り、

息子も大満足です。

 

DSC_0397.jpg石仏.jpg

 

大都会の中とは思えない緑豊かな空間。

美術鑑賞も散策も楽しめますよ。

 

 

 

 

 

<   2018年5月
sun mon tue wed thu fri sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031