世界を変える美しい本

まるで工芸品のように美しく、

世界中にファンを持つ絵本があります。

 

DSC_0609.jpgポスター.jpg

 

インドの出版社、タラブックスの代表作 『夜の木』

このポスターは、その表紙の絵です。

 

現在、刈谷市美術館にて、

タラブックスの世界を紹介する展覧会が開かれています。

 

その展覧会が約半年前、都内で開かれた時に、

私も足を運びました。

 

DSC_0562_2.jpg階段.jpg

 

会場は板橋区立美術館。

長蛇の列に並び、わくわくしながら中に入ると、

こんな素敵な階段が目に飛び込んできました。

 

DSC_0560_3.jpg4S.jpg

 

タラブックスの絵本は、なんとハンドメイド。

ふっくらとした和紙のような風合いの紙に版画の技法で印刷し、

職人が糸で製本しています。

 

DSC_0552_3.jpg魚の絵.jpg

 

どの絵からも、温もりと温かみが伝わってきます。

インテリアとして部屋に飾っておきたくなるような、

モダンで装飾的な作品。

 

DSC_0558_3.jpg箱舟.jpg

 

ひとつがいの動物たちが乗った大きな船...

インド版・ノアの箱舟です!

 

 

DSC_0556_2.jpgライオン.jpg

 

1歳の息子は、特にこの絵が気に入っていました。

子どもが好きな動物の絵もたくさんあります。

 

 

GSDSC_0559_3.jpgショーケース内.jpg

 

鮮やかな色使い。

こちらに迫ってくるような存在感があります。

 

すっかりタラブックスのファンになった、私。

冒頭の『夜の木』を、是非我が家にも!

と、いろいろ探したのですが...   

 

新品はことごとく在庫切れ。

中古品はプレミアがついて高額!

 

でも、いつかきっと手に入れたい!

憧れの絵本です。

 

 

 

 

 

 

<   2018年5月
sun mon tue wed thu fri sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031