森夏美の今日もお疲れサマ~

映画「ナラタージュ」

皆さんこんにちは!

暑さが過ぎ去ったかと思えば、

時折、冷たい風や雨の続く日々ですね。

どんよーりと暗い空を見ていると

なんとなーく気持ちが晴れないことも。

今日は、そんな天気も違った景色に。
さらに愛おしく感じさせてくれる、

映画「ナラタージュ」を紹介します。

ナラタージュ.jpg

 

行定監督にお話を伺いました。

 

映像には圧倒的に雨のシーンが多く、雨の演出について聞いたところ...

 

 雨の効果はモノトーンな色合いを映し出すこと。だからあえて、役者が着ている服もモノトーン。でも雨が降ることによって、そこにいろんな色や光が映る。人が浮き上がる効果があるんです。」と、監督。

台詞や演技だけでなく、さりげない演出も、

作品の雰囲気を作り出しているんですね。

 

 

そのほかにも、雨の表情についてこんな知識も...

 

あるシーンでの出来事。

彼女が逃げ出そうと外に飛び出すと、

突然の雨が。


雨は彼女を遮る壁になる。


そこに先生が現れて、傘を差し出し、

雨の中を2人は歩き出す。

雨は2人を包み込む存在に。


しかし、2人が車に乗り込み

運転中に激しい雨が降る。

雨は2人を車に閉じ込める。

 

 

思わず「ほお~~」と声がでてしまいました。

 

雨の効果って、立体的でとてもドラマチックなんですね。

 

 

 

監督からこのお話を聞いてから、

映像の視点から、もう一度ナラタージュを観たくなってしまいました。

 

「ナラタージュ」は全国の映画館で公開中です。

 

タイミングが合えば...

ぜひ、雨の日に観に行ってみてください♪

 

 

 

スイッチ