森夏美の今日もお疲れサマ~

ジャズと友情と坂道と

 

皆さんは「ジャズ」、お好きでしょうか?

 

私の中でジャズと言うと、

どこか大人で、難しくいイメージがあったのですが、

最近そのイメージが覆された映画があります。

 

現在公開中の「坂道のアポロン」という作品。

 

 

この映画について、出演している中川大志さんにインタビューしました。

 

坂道のアポロン.png

 

坂道のアポロンは、長崎の佐世保が舞台。

三人の高校生が繰り広げる、音楽、友情、恋、

眩しい青春がこれでもかとギュッと詰め込まれた作品。

 

中でもジャズの演奏シーンは圧巻!!

 

中川さんはドラム、知念さんはピアノを演奏していますが、

撮影現場のことを聞くと...

「演奏に熱中しすぎて、腕がとれたと思った」とのこと...!

 

中川さんもおっしゃっていましたが、ジャズの魅力はなんといっても

  互いが情熱をぶつけ合うセッション

ドラムとピアノがたたみかけ合いながら白熱していく音色は、

画面越しでも、思わず体でリズムを刻んでしまうほどです。

 

エンディングで流れる、小田和正さんの「坂道を上って」も、ズルい...ズルすぎる...

帰り道も、ジャズのメロディーと小田さんの歌声が頭から離れません。。。

 

 

映画「坂道のアポロン」は全国の映画館で公開中です。

 

『映画MANIA HP 』→ http://tokai-tv.com/eigamania/