森夏美の今日もお疲れサマ~

麗しの二階堂ふみさん

 

はい、タイトル通りでございます。

 

あの、妖艶で麗しい二階堂ふみさんに、

今月22日公開の映画、「翔んで埼玉」のインタビューでお会いしました。

 

埼玉.jpg

(本作で初めて男の子の役を演じた二階堂さん。そのイメージでハンサムな装いにしたそうです♪) 

 

 

映画「翔んで埼玉」は、

「埼玉県民が東京に行くには通行手形がいる」

「埼玉なんて言っているだけで口が埼玉になるわ!」など

すさまじい埼玉ディスが詰め込まれた問題作。

 

あの二階堂さん演じる壇ノ浦百美にも、

「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!!」

という台詞が!!

 

ただ、その埼玉ディスの行きつく先には、郷土愛も見え、

岐阜出身の私もいろんな場面で共感してしまいました。 

 

本気で作り込まれた茶番劇に

映画館でもついつい声を上げて笑ってしまうのですが、、、ご安心ください。

周りのみんなも、笑っています!!!

 

今日は思いっきり笑いたいな、楽しい気持ちになりたいな、

そんな気分の時にはピッタリの作品です♪

 

 

映画「翔んで埼玉」は全国の劇場で公開中です。

 

 

スイッチ