日本の夏、ゴジラの夏。

 

・・・さあ、夏休み!

子供たちもかつて子供だった皆さんも、スカッとしたくなったらコレです!

 

写真 2017-07-24 11 35 58.jpg

 

(効果音:\ギャオオオオオォォォオオオオゥ!!(鳴き声)/)

 

 

「 ゴ ジ ラ 展 」!!

 

写真 2017-07-22 16 07 401.jpg

開催を記念して、『シン・ゴジラ』 樋口真嗣監督による講演会が開かれ、門外漢ながら・・・私もちょっとだけお手伝い!

220人のファンの皆さんを前に、ユーモア溢れるスライドショーで日本の特撮史から『シン・ゴジ撮影秘話』まで濃~~~~~い話をしていただきました。

サービス精神たっぷりの樋口監督、お忙しい中、予定時間オーバーの約2時間で講演会は終了。

でも、まだまだ聞いていたかった・・・というのはファンの方も同じ気持ちでしょう。 本当に楽しい時間でした!!

写真 2017-07-22 16 07 40.jpg

とっても気さくで優しい樋口監督。いっしょに「シン・ゴジラ」ポーズ((C)野村萬斎さん)

でパチッ!ありがとうございました~!

 

========================== 

 

会場には「特撮」を身近に感じられる体験コーナーも充実。

玄関を入ってすぐに、こんなコトもできちゃいますよ~。

 

写真 2017-07-22 9 38 48.jpg

美術監督、三池敏行さん製作のジオラマの街で"怪獣王"になりきりましょう!

ちなみに・・・自称・プラモデルアナウンサーとしましては、やはりクルマに目が行ってしまい・・・

 

(注:以下、かなりマニアックな話を含みますので読みたい方のみどうぞ・・・)

 

写真 2017-07-22 9 39 18.jpg

手前の白い自動車に過敏に反応!!

コレ、私が普段作っている24分の1サイズの自動車プラモデルじゃあ~りませんかッ。

プロも市販のキットを使うんだなあ~。ミラー形状から察するに「フジミ製」の「スカイラインGT-R」ですなあ。(わかる人だけわかってください。笑)

 

聞けば、特撮の世界ではこうした街全体の撮影する際は「25分の1」というサイズが広く使われているそうで、個人的に馴染みのある数字に興奮!

(個人でこれだけ広範囲のジオラマを作るとなると、鉄道模型が主で1/80~1/220が限界!1/25はかなり広いスペースがないと無理です)

 

でも、それだけでは終わらないのが流石プロのお仕事。

撮影台(私が立っているところ)に回ってみると・・・

写真 2017-07-22 9 39 08.jpg

あ!!!縮尺が変わっている!!赤い車はスカイラインより小さい・・・。

・・・そうです、遠近感をより強く出すために、

 

<手前:24分の1> → <奥:32分の1~43分の1>

 

と、大きさを変えているわけです。う~ん、素晴らしい・・・。これぞプロのお仕事。ちなみに、シーンによってはわざと建物の縮尺を大きくすることもあるそうです。面白いなあ。

 

写真 2017-07-22 9 39 03.jpg

背景の書き割りにもこんな形の雲が・・・わかるかな?

 

ほかにもまだまだオドロキと発見の連続です。

なぜ博物館でゴジラ?と思っていましたが、これぞココでやるに相応しい展示内容だと思います。

 

夏休みにもぴったりの展覧会、9月3日まで開催されています。

お子様と、ご友人・ご家族と・・・もちろんお一人でも。オススメです。

スイッチ

<   2017年7月   >
sun mon tue wed thu fri sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031