日本自動車博物館

先日、愛車を走らせフラリと行ってきました。

石川県小松市にある「日本自動車博物館」です。

写真 2017-09-24 9 02 27.jpg

赤レンガの外壁が素敵な建物で、私は7年ぶり2度目の訪問。

所せましと収蔵されている名車の数々にヨダレが垂れそうになりながら大興奮しながら見学しました。(お好きな方なら、何回行っても楽しいですよ~)

元々、地元・富山のある企業の社長さんの個人コレクションから始まっているためか、「え?こんなクルマが日本に?」という超マニアック車がたくさん展示されています。

 

特に有名なのは英国大使館で使用されていたロールスロイス。

写真 2017-09-24 9 15 46.jpg

あのダイアナ妃が来日の際、実際にお乗りになった車両です。

ダイアナ妃については、この夏、亡くなられてから20年ということでまた大きな話題になりましたよね。

 

写真 2017-09-24 9 47 49.jpg

最近、80年代車にハマっている私にとってはこの辺も大好物・・・。

真ん中のスターレットは乗っていたぞ!という方も多いのでは?

モリコロパークのクラシックカーパレードで、非常にきれいにレストア(修復)して乗っていらっしゃる方のクルマを見たことがありますが、見ているだけで嬉しくなります。

 

写真 2017-09-24 9 53 17.jpg

このランドローバーも今のクルマにはないボクシーなスタイルで妙に印象に残りました。

昭和30年代は、まだ国産車の成熟度もそれほど高くなかった時代・・・

地元の電力会社のロゴと旧タイプの社章が入っていますが、社会インフラだけに、いざという時のサービスカーにはやはり信頼度に勝る輸入車が選ばれたものと思われます。

写真 2017-09-24 9 53 26.jpg

 

地元の企業や人から寄贈された車両が多いのもこの博物館の特徴です。

この軽トラック(↓)もそうなのですが、こちらは去年まで現役バリバリで個人の方が乗られていたとか・・・(ナンバーも維持されていますので、また時が来たら返却されるの・・・かな??)

ちなみに私が免許を取って最初に乗っていた車がこの三菱ミニキャブ(ウチのは昭和58年式)でした。

写真 2017-09-24 10 27 15.jpg

さて、突然ですがクイズです。

次の2台のクルマ、一方が「日産・セドリック」で、もう一方は「いすゞ・ベレル」なんですが・・・見分けが付きますか??

・・・このネタ、熱心な『こち亀』読者の方ならわかるハズ(笑)

写真 2017-09-24 10 03 03.jpg 写真 2017-09-24 11 03 16.jpg

正解は上が「いすゞ・ベレル」、下が「日産セドリック」です。

・・・漫画「こち亀」では、あの大原部長の愛車が「ベレル」なんです。

両さんがトラブルに巻き込まれてそれを"ペシャンコ"にしてしまい、形のよく似たセドリックで誤魔化そうとするエピソードが掲載されています。(コミックス42巻参照)

 

確かに縦型4灯ヘッドライトのたたずまいは似ているな~と実感できるんですが

 

写真 2017-09-24 10 02 54.jpg

写真 2017-09-24 11 03 21.jpgこうやって横から見ると、フロントガラスの形状が全然違います。(笑)

これじゃあバレちゃいますよねえ~。

 

※コミックスではセドリックが輸出仕様の左ハンドルだったことが決定的事実となり、部長の怒りが頂点に達してしまいます・・・(苦笑)

 

日本自動車博物館のマニアックな楽しみ方でした!

スイッチ

<   2017年10月   >
sun mon tue wed thu fri sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031