カゼに気を付けて

師走に入り寒い日の続く名古屋、小雪舞う日もありました。

俗に言うです。

この『風』には季節ごとに様々な表現がありまして

春先、東の方から吹く東風

初夏の爽やかなものを薫風

秋の風を素風と言ったり

冬の好天時に吹きすさぶのが空っ風

風が激しく吹きまくることを風巻(しまき)と呼ぶこともあるそうで。

 

 

季節ごとにいろいろな風が吹いたと言えば、

「J1へ 名古屋の風を起こそう」をスローガンに掲げて

今年J2を戦った名古屋グランパス

そのJ1への昇格の道のりを追った特別番組

『名古屋グランパスJ1昇格ドキュメント

~風が吹いた真実』

12月23日(土)16:00から放送されます。

 

ほぼゼロからチームを作り上げて1年でJ1復帰の

ミッションを達成した風間八宏監督の思いを軸に、

広島から移籍し新生グランパスのシンボルプレーヤーとなった

キャプテンの佐藤寿人選手の証言を織り交ぜて

長かったJ2での戦いを振り返ります。

そのインタビューとナレーションを担当しました。

 

IMG_0272.JPG

 

風間監督をして、

「変わろうとする気持ちが練習での取り組みに表れてから

寿人は一皮むけた」と言わしめたキャプテン。

J1歴代2位の161ゴールをマークしている稀代のストライカーも

今季はサイドでのチャンスメイクなど、

これまでしてこなかったプレーも要求されました。

かつて代表に呼ばれた際に、同じようなシチュエーションになり、

若かったこともあって自分のストロングポイントにこだわり、

監督の要求に応えられずに

結果的に代表から外れてワールドカップ出場が一度もない寿人選手。

「あの頃に風間監督と出会っていたら僕のサッカー人生も

変わっていたかもしれません」

と言うほど、プレーヤー佐藤寿人にとっては

新境地を切り開いた大きな1年だったようです。

 

風間監督は、実績のある人もない人も、

若手もベテランも関係なく、

変化すること求めました。

生まれ変わろうという

『変生風』を吹かせた1年でもあったわけです。

 

 

「疾風に勁草を知る」

と言います。

J2降格という厳しい風に耐え、強い草であることを証明したグランパス。

来年は順風満帆のシーズンとなりますかどうか・・・

 

 

<   2017年12月
sun mon tue wed thu fri sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31