「ひつじのショーン展」

最近、粘土遊びが大好きな子供たち。

 

家でも粘土でお弁当を作ったり、動物を作ったり・・・

子供の創造力に驚かされることも。

 

そんな5歳の娘が行きたがっていたのが・・・

 

ショーン3.png

 

松坂屋美術館で開催中の「ひつじのショーン展」!

 

「ひつじのショーン」とは、

イギリスのクレイ アニメーション制作スタジオ 

アードマン アニメーションズによって創られたクレイアニメ。

 

キャラクターを粘土で作成し、1コマずつ撮影しているそうですが、

粘土でどのように作られ、どのようにアニメとして動かしているのか

母娘で興味深々だったのです!

 

 いざ行ってみると、

 娘は今にも動きそうなリアルで愛嬌のある

人形たちに釘付け!

キャラクターの表情もひとつひとつ丁寧に作られていて、

「すごいね~!」と

目をまん丸くしていました。 

 

 

私は1秒の映像に25コマを使い、

6秒の映像を制作するのに1日かかることなど

驚きの連続!!

 

やはり本物を体感できるというのは

貴重ですね!

 

母娘で楽しい時間を過ごしました。

 

「ひじつのショーン展」は

松坂屋美術館で今週日曜日まで開催中です♪