昼ドラ公式 twitter

インタビュー

尾形貴弘さん(パンサー)(高峯圭吾役)

――初めてのドラマ出演ですね。
「いや、もう100%ドッキリだと思いました。撮影に入ってからも信用していなかったのですが、岩城滉一さんを現場で見たときにようやく『本当なんだ!』と思いました(笑)。僕は今まで役者になりたいなんて一度も考えたことがなかったんです。今回、キム兄(木村祐一)や板尾さんみたく、芸人としても役者としてもめっちゃカッコイイ人たちと共演できるので、緊張しています。芝居で目が合うと頭の中が真っ白になっていますね」

――その初ドラマの台本を最初に読んだときの感想を聞かせてください。
「すごく面白いと思いました。人間関係がどう絡み合っていくのか、先が気になってすぐに本を読んでしまいました。でも結局は、愛が大事なのだと思いました。あと"昼ドラ"というと殴り合ってドロドロのイメージだったのですが、その部分は祥子役の杉田さんが担当してくれています(笑)。杉田さん、本番中に『うあーっ!』とヒステリックになるのに、カットがかかるとめっちゃ可愛いんですよ。プリティで優しくて最高です!」
――共演者の方からアドバイスをもらうこともありましたか?
「徳山さんにはセリフの覚え方、噛まない話し方、歩き方などいろんなことを教えてもらいました。ホントにカッコイイですよね。あれは男にもモテるわ! あと僕が何度もNGを出してやり直すときに、奥菜さんは自分がカメラに映っていなくても僕に付き合ってセリフを言ってくれるんですよ。そんな奥菜さんを見ていると、告白しちゃおうかな!と思います。今、本当に好きになりすぎて現場で話しかけられないくらいなんです(笑)」

――実際に圭吾を演じてみてどうですか?
「僕は本当に演技が初めてですから、なんにも分からないんです。使ったことがないような言葉がいっぱい出てくるので、まったく頭に入ってこないんですよね。何回言っても同じところでつまずくので、ずっと後輩に付き合ってもらって練習をしています。でも、演じるのは"気持ち"なのかなと思います。セリフの言い回しはホントにヘタクソで全然ダメですが、"きっとこう思っているんだろうな"と圭吾の気持ちを考えるようにすることが大事なのかなと。俳優さんみたいなことを言っていて恥ずかしいんですけど(笑)」
――圭吾についてはどのように捉えていますか?
「圭吾は不器用だけどめっちゃ愛がある真っ直ぐな奴で、すごく好きになりました。僕が演じているとダサく見えますけど、作品の中で圭吾が一番カッコイイと思っています。僕は圭吾みたく優しくないので、圭吾が舞を航太に譲るようなシーンがあると、気持ちを作ることが難しかったですね。その分、航太に対しては『なんだ、お前!』と本気で強く当たることができたのかもしれないです」

――舞と航太についてはどう思いますか?
「舞のことは会ったときから好きだったと思います。素直で負けん気も強くて可愛いだなんて、誰でもお嫁さんにしたいと思いますよね。僕だったら航太に絶対に譲らないですよ。でも圭吾は譲るからなぁ。やっぱり航太のことは小さい頃からずっと一緒でよく知っているので、何をされてもどこかで航太のことを信用しているのだと思いますね。その友情もあるし、舞の気持ちを最優先するからこそ譲るんですよね。圭吾は舞のことを"神の域"で好きですから」
――三角関係は辛いですね。
「自分の親友と同じ人を好きになるのは嫌ですよね。僕だったらその女の子に親友の悪口をあることないこと言いますもん。『あいつこの前、別の女と歩いてたぞ』って(笑)。でも後でその嘘が全部ばれちゃうのが僕ですけどね。昔、中学生の時に一人の女の子のことを仲間内5人が好きだったんです。でも一番男前の奴の悪口を4人で女の子に言っていたら、結局その男前と彼女は付き合ったんですよね。まぁ、俺らが嘘を言っていたのもばれてましたけど(笑)。今思えばいい思い出で、まだそのときのみんなとはいい友達です(笑)」

――では、特に好きなシーンを教えてください。
「やっぱりキスシーンですね。奥菜さんが背伸びしてくるのが可愛くて、ホントの彼女だと思って、肩を抱いた後に頭に顎を乗せてしまいました(笑)。そんなことをするつもりは全然なかったのに自然とやっていましたね。でもめっちゃ緊張しましたよ。芸能人とキスしたことなんて一回もないですから、びびっちゃって。『もっとガバッといけよ!』と監督に怒られました(笑)。ボケで舌を入れようとしたと周りには言っているんですけど、そんな余裕はまったくなかったです。でもよく考えたら圭吾はそんなことしないですよね(笑)。そこは素の僕の気持ちが出てしまったのだと思います(笑)」

――最後に、圭吾のここを見てほしい!というところは?
「愛の深さです。ものすごく深い、都営大江戸線をしのぐくらいの一番深い愛です。傍からはうっとおしいとか、バカに見えるかもしれないですけど、絶対にこういう奴は周りのみんなが助けてくれて幸せになれると思います。僕はモテたいのでギャルにも観てほしいですね(笑)。そこは圭吾と違いますから!(笑) 主婦の方、家族でも観てほしいです。僕が言うと気持ち悪いかもしれないですが、先入観なしで圭吾の愛の深さを観てください。それと個人的なことですが、いずれはハリウッドを目指しますよ! 『碧の海』からハリウッドへ!が目標です!」


ページトップへ戻る