昼ドラ公式 twitter

  • 8/
  • 15
  • Thu

美里を演じる小林涼子さん紹介

こんにちは、HPライターのTです。
小林さんに、克巳との出会いから北山とはまた違う形で過去を向き合った
美里を演じての感想を聞きました。


――本作に参加しての感想は?
「『かぼちゃハウス』の子供たちのようにいろんな事情や問題を抱えていて、
人生に後向きになってしまっても、時間は過ぎて行くものだし、
人って前を向いて生きて行かなければならないものなんだと思いました。
この作品に出て来る人たちは誰もが"明日"というものを見ていますよね。
悲しい話ではありますけど、悲しい作品ではないと思います。」


――美里の心情をどう思いますか?
「美里は兄の事件を知り、突然、置かれた状況が変わってしまうんですよね。
自分のせいでどうこうなってしまうわけではないので、
無の気持ちで兄の事を聞き、その時に感じ、生まれた気持ちを大切に演じました。
兄の事件で今も苦しむ母といれば、その気持ちに同調するし、
克巳さんと会えばやっぱり好きだし、結婚したいし。
どちらも美里の本心なので、その両方が見えるお芝居を心掛けました」


photo01.jpg


――役へのアプローチがとても明確な気がします。
撮影前から役作りは出来ていたのでしょうか?
「美里に起きた出来事と比べ物になりませんが、
失恋の経験はありますし、私は母と仲が良く、
普段からいろいろ相談しているので美里の心境は意外とすんなり入ってきました」


――美里が体験した一連の出来事はとてもドラマチックですよね。
「私は韓国のドラマや映画が大好きで、ドラマチックな韓国の作品が
無償に恋しくなることがあるんですね(笑)。
だから今回も台本を読んで、『こういう展開ってあるわよね』
『この週の美里は大変なのね』とちょっと"おばちゃん目線"で
話を読ませていただいた部分もあります(笑)」


――この枠の作品への出演は初めてですよね。
「他局のお昼の作品には出演経験があります。
考えるとその作品でも相当恋愛のことで苦しんだんです。
3回くらい別れそうになって。私って"失恋キャラ"なのかな(笑)」


photo02.jpg


――美里と克巳の問題がメインになった話はどんな感想を持っていますか?
「何度も何度も会いに来て、気持ちを伝える克巳さんの姿に胸を打たれました。
それと同時に母の苦悩や、子どもたちからは完璧に見える
おっちゃんの抱えている問題も描かれていて。
でも、問題って"弱点"じゃないと思うんです。
問題を乗り越えるためにはどうすればいいのか。
考えるヒントになるし、『辛いこともあるけれど、明日も頑張ろう』と
思っていただける話になっていると思います」


――被害者と加害者の"線引き"ってどこにあるのか、考えさせられました。
「北山さんからすれば美里だって加害者かもしれません。
でも事件によって結婚できないことを考えると美里も被害者なわけで。
普通に生きていたって、良かれと思ってしたことが悪い方向に作用することもあるし、
立場によって"見え方"が変わることもある。
美里はそのどちらにもなるキャラクターじゃないでしょうか」


――もし小林さんが、自分の人生を見つめ直すような出来事に直面したら?
「とりあえず立ち止まります。時間が解決してくれることもあると思いますし、
一端、すべてのことをリセットして一から考え直すのも良い方法のような気がします」

BACK NUMBER

第45話
兄がしたこと、私がしたことを謝ります。申し訳ありませんでした。では、あなたたちに聞きます。兄にひどい仕打ちをしまし...

LINK

新着情報