昼ドラ公式 twitter

須賀健太さん (松井翔太役)

プロフィール

――翔太のようなキャラクターを演じるのは初めてだとか。
「放送が始まって、友達とか周りから『翔太いいね』という意見をすごくもらいました。今までも僕が出演した作品についてみんないろいろ言ってくれたけど、今回は今まで以上の反響を感じているし、同世代の人たちが観てくれていることも感じています。翔太は本当に今までにない役だから、観てくれている人にとっても新鮮なのかな、と思ってます」
――撮影は始まる前から、『翔太を演じるのがとても楽しみです』と語ってましたね。
「翔太が『かぼちゃハウス』のメンバーの中で一番楽しそうな役だと思ったんです。役の設定や昼ドラならでは撮影のことを考えると大変かもしれないけど、そこは気負わずに行こう、と。その気持ちを今も持って撮影に臨んでいます。ただ、話が進むごとに重い場面も増えていくので、そこは難しいですね」
――翔太も傷害事件を起こし、その被害者がずっと昏睡状態という設定ですが...。
「そこはなるべく意識しています。最初から具体的に翔太の事件が描かれていたわけではないんですけど、どんな事件を起こしたのか分からなかった時点から説得力を出したかったので、翔太が過去の事件に対して向き合うときが来るだろうと思いながら演技をしていました。台本を読んだ時点では感じませんでしたが、翔太が事件に対してケジメをつけなきゃ、と考えるようになったのはおっちゃんが来たからこそだと思います。それまでは離れて暮らす家族のことは恋しく思っていたけれど、被害者のことまで考えが及んでいなかったんですよ。おっちゃんの言葉に触れて、人柄に触れて影響を受けているはずなので、おっちゃんとのシーンはそこで何を翔太が何を思うのか、感じているのか、ということを意識しています」

――北山役の渡辺いっけいさんとは以前、親子役での共演したことがあるとか。
「ずいぶん前に時代劇でご一緒しました。おっちゃんとは違って頼りがいのある役じゃなかったんですが、包み込むような優しさがにじみ出るお芝居をされていました。いっけいさんにも優しくしていただいたのを覚えています」
――翔太は須賀さんにとって初挑戦の多い役だと思いますが、自分なりに作り込んでいますか? それともあまり詰め込み過ぎないようにしていますか?
「今回は意外と、現場で突発的に出るものが多いです。リハーサルのときに気づくことが多いんですよ。台本読んで、『こんな感じかな』と思うんですけど、シチュエーションだったり、その場に置いてある持ち道具だったりで翔太らしさをいろいろ表現できるな、と。翔太って感情をむき出しにするし、思ったことも全部言っちゃうから、"制限"がないんですよね。この設定を使って、自由に演じさせてもらっています」
――では翔太の精神年齢はいくつくらいだと?
「真(真之介)ちゃんと一緒かも(笑)」

――精神的に未熟なところがあっても、蒼や北山と出会い、そこからどんどん成長していくのでしょうね。
「今の翔太って、ものすごく学んでいると思います。北山さんと出会いで家族のことを見つめ直して、蒼ちゃんの存在がどんどん大きくなる中で、『彼女に良く思われたい』という気持ちが芽生えて。まさしく小学生みたいに日々成長しているんじゃないですか」
――翔太を演じて難しい点は?
「探り探りな感じで現場に入ったんですけど、最初はセリフがあまりなかったじゃないですか。でも寡黙ではなくて、考えて考えて難しくて何も言えないときもあれば、怒りから言葉を発さないときもあるんです。それに照れて話さないともあるし。言葉に頼らないで、そのときどきの翔太の気持ちを表現したいと思いましたね」
――翔太と浩樹の友情について。須賀さんはどう思いますか?
「深いですよね、すごく。家の鍵がきっかけで親しくなったのも、何だかこの二人らしいな、と思ってます。浩樹と二人にしか出せない空気感というのも出せれば、と思っていて、例えばみんなと話していても、浩樹と顔を見合わせたり。ちょっとしたところで"二人ならでは"というか、"二人にしか出せない"というものを表現したいと思っています」

――とても大切な浩樹と今後、蒼を巡って...。
「これから先、三角関係ってこともありますからね。蒼ちゃんとのシーンでのデレデレした表情は観ていて、『何だコイツ?』って感じでしょうけど(笑)、今後、浩樹の命が絡んできたら翔太はどうするんだろって思うんです。何より大事な親友の命ですからね」
――須賀さんが三角関係になったら?
「引かないと思います。でも友達も大切なので、何とかうまく立ち回ろうとして...。それで本当にうまくいけばいいですけどね(笑)」
――この現場はいかがですか?
「刺激的です。これまでは年上の役者さんに囲まれることが多かったので、安心して自分だけのことを考えて演技をすれば良かったんですけど、今回はそうはいかないので。演技の経験もまだ少ないメンバーもいて、想像もしないような演技をしたり、表情を見せたりするから、『じゃあ、この人のこの演技に乗っかって、翔太のこんな一面を表現しよう』というとが出来るんです」

――では、「これは思いもしなかった」ということは?
「由香里とのやり取りです。台本を読んだ時点ではそんなに接点がないと思ったんですけど、由香里っていちいち翔太の言うことに反応して、翔太が腹立つようなことを言うんですよ(笑)。そういうシーンの前には翔太のどういう発言が由香里に何か言わせたいと思わせるのか、考えるようにしています」
――若手メンバーで演技の経験が一番長いのは須賀さんだと思います。そこは意識していますか?
「キャリアはあるかもしれないですけど、翔太は役的にもみんなを引っ張っていくタイプじゃないと思うんです。だから相手の演技に身を任せるところは任せています。ただ、自分から何か仕掛けて反応がなかったら、その場面が膨らまないので、自分のことをよく分かってもらうためみんなとよく話し合ってはいますね」
-明日ピカクエスチョン-
*タイトル「明日の光をつかめ」にかけて。須賀さんはこの作品で何をつかみたいですか?
「僕にとってはこの役柄はまさに"挑戦"。新しい自分をつかみたいです。今、役の幅が広がっているのを感じているので、これまで以上にさまざまな役を演じていきたいです。例えばものすごい悪役にもチャンスがあれば挑戦したいですね」
第45話
兄がしたこと、私がしたことを謝ります。申し訳ありませんでした。では、あなたたちに聞きます。兄にひどい仕打ちをしまし...

LINK

新着情報