たくさんのレギュラー番組を抱え今、人気絶頂のバナナマン!
お金だってそれなりにあり、全てが“成功したオトナ”のように見える2人だが…
実は、その内面はまだまだ中二レベル!
当番組は、そんなバナナマンが、現在の地位・年齢に見合ったオトナになるべく
毎回、色んな“オトナの授業”を受けていくという
バナナマンがオトナの階段を駆け上がるバラエティです!

次回予告

画像

1月24日

ゲスト:松橋利光(動物カメラマン) テーマ:「オトナの正しい動物の持ち方」

次回のテーマは「オトナなら動物を手なずけて好感度を上げろ!」。テレビで人気者になるための要素としてバナナマンには「動物」が足りない!?動物を手なずけて好感度を上げようということで、正しい動物の持ち方をレッスンする!日村くんが超苦手の人気ミニペットと対面して大絶叫!?さらに、危険動物や大型動物の登場で一同パニック!?お楽しみに!

1/17

中岡創一(ロッチ)

「カニ感謝祭」

  • 画像
  • 画像

 今回はバナナスクール初登場のロッチ・中岡の持ち込み企画「オトナならもっとカニを知れ!」。自称・芸能界一カニを知っていると豪語する中岡が、カニの事を知ってより美味しく食べてもらうための“カニ感謝祭”を開催!さらに、設楽くんが体調不良のため、ピンチヒッターとして先輩芸人のX-GUN・さがね正裕が登場!設楽くんと実力の差がないと大口をたたくさがねくんに、不安を抱く一同…。
 そんな中始まった中岡プロデュースのクイズ企画だが、まずは本ズワイガニと紅ズワイガニを見分けるクイズに挑戦!日村くんと大島くんは見事本ズワイガニを当て、ティーチャーよりカニに詳しいと豪語したさがねくんだけが不正解…。
 続く2問目の、調理済みのカニの数え方が「杯」の理由を出題した瞬間、照明が落ちるアクシデントが発生!その状態でも構わずクイズに答える日村くんに対し、対処できないティーチャー…。さらに、日村くんと大島くんが積極的に答える中、さがねくんは沈黙…。
 第3問目は、道具を使わないカニの正しい脚の剥き方!3人は思い思いの剥き方を披露するが、ティーチャーのゴミも最小限にする意外な剥き方に驚く!
 ラストはカニアート選手権!ある地域では、色を塗ったカニの甲羅を魔除けとして玄関に飾る風習があるということで、体調を崩した設楽くんに贈る「魔除け」を作ることに!日村くんが設楽くんを思って渾身の作品を作る一方で、さがねくんは「年賀状は早めに出さんかい!」という時季外れの作品を披露してしまい、最後までポテンシャルを発揮できず…。最も多くポイントを獲得した日村くんが、豪華カニ鍋セットを贈られて、授業終了!

(c)Tokai Television Broadcasting Co.Ltd. All Rights Reserved.