出演者の皆さまからのメッセージ~第1部終了に寄せて~

松田賢二さん(鹿野健一役)

松田賢二さん(鹿野健一役)
 昨年の「さくら心中」以来の昼ドラ出演です。よろしくお願い申し上げます。そして、なんと次の枠は松田賢二主演のドロドロ愛憎劇ですよ奥様!…という冗談はさておき、今年の皆様の夏が「ぼくの夏休み」とともにありますように。
 今回演じる鹿野は、和也と同じ境遇の男。登場時のインパクトはもちろん考えましたが、「平成に帰る」という、ただ一つの目的にシンプルでありたいと思っています。基本的には、生きることに必死です。僕が初めてこのドラマの現場に入った時、ちょうど昭和初期の町を和也とはる菜が手を取り合い、全力で走るシーンの撮影中でした。息を切らして、ふざけあう二人の姿は既に本当の兄妹のようで、とても印象深く残っています。僕も本当の鹿野健一になろうと教えてもらいました。
 終戦の夏に毎年こういう題材があるのは大切なことだと思います。昔の日本を忘れない良い機会になって欲しいです。それから、この時代を経験した方は勿論、そうでない方も何故か、人間に、町並みに、懐かしさを感じるのではないでしょうか?一緒にノスタルジックな旅に出て、兄妹の成長物語を楽しんで貰えたら嬉しいです。

水野絵梨奈さん(五十嵐ちえ子役)

水野絵梨奈さん(五十嵐ちえ子役)
 多くの経験をして苦しんだからこそ出てくる人の暖かみ…そしてどうしようにもコントロールすることのできない感情を、大人と子供の狭間にいるちえ子を通じて表現したいと思っています。
 一つ一つの過去の出来事などを考えると頭の中にちえ子が現れてきて、その頭の中のちえ子と何を伝えたいかを考えながら演じさせていただいています。ちえ子が様々な問題に挟まれ、弱さを遂に見せるところは、とても思い入れのあるシーンとなりました。
 この作品では、様々な人が、様々な限られた環境の中で、必死になる事の大切さが描かれていて、自分の人生は自分次第で決まってくると教えてくれます。どうしようもなく残酷な現実でも、その現実と向き合う和也くん、はるなちゃん、上条家の人々、その時代に生きる人々から、目をそらさないでみてほしいです!

森永悠希さん(上条勇作役)

森永悠希さん(上条勇作役)
 勇作は、本当に意地悪で性格の悪い人ですよね(笑) でも、ある種、可哀想な人間にも思えます。でも、そんな勇作にも怖いものがあって…。話が進むにつれて、勇作の邪悪さとこしゃくさをグレードアップさせるよう演じました(笑)
 上条家の人々、旅館にはいろいろなことが起こりましたが、それぞれの思いに注目しながら見ていただけていたら幸いです。僕も最後まで「勇作、こいつ~」と思われる様に頑張りました(笑)。
 勇作を演じることで、戦争の時代を知ることができ、当時の方々も「戦争に行きなさい!」「戦いなさい!」ということだけではなく、いろいろなことを考えていたことが分かりました。戦争の時は、僕たちと同じ年頃の人たちも、戦地へと向かわねばなりませんでした。だから、今の時代に生きる僕たちは命を大事にしなければいけない。このドラマを見てくれている同世代の人たちにも、そう感じてもらえるとうれしいです。

西山潤さん (上条栄次郎役)

西山潤さん (上条栄次郎役)
 栄次郎は佐代さんの子どもですが、大五郎さんや勇作さんとは血のつながりがありません。2人には冷たくされていて、その上、和也やはる菜は佐代さんたちに優しくしてもらっているので嫉妬しています。意地悪をしてしまうところもありますが、僕から見たらかわいそうな子なんです。だから、演じる時は常にその気持ちを大事にしました。
 殴ったり殴られたりシーンは大変ですが、その中でも一番印象に残っているのは、栄次郎がはる菜を殴った時です。いくら栄次郎がかわいそうな子でも、小さい女の子を殴るなんて最低だなと思いました。このシーンでは、はる菜に当たらないよう気をつけて、かつ思いっきりやりました(笑)
 このドラマは、戦地に向かわれた兵隊さんだけじゃなく、日本に残ったその家族が苦しんでいた様子がわかる物語だと思います。その中で強く生きて行く和也とはる菜を見守ってください。

北条隆博さん(小野寺省吾役)

北条隆博さん(小野寺省吾役)
 省吾は、「男」だなと思います。「男とは何か」ということを和也に教え、一つの道しるべになっていく男なので、どんな時にもクールにかっこよく、そして優しく、和也のお兄ちゃんのような存在を目指して役作りをしました。
 第22話の和也と2人で山小屋に居るシーンがとても印象に残っています。省吾が初めて本心を語り、和也は「行かないで」と泣いている。あのシーンは、自分自身も涙をこらえるのに必死で…。思い出すと泣けてきます(笑)
 現代の子どもが、戦時中にタイムスリップした事によって、どう生きていくのか、どう成長していくのかが魅力的な物語です。この作品を通じ、今はこんなに平和な時代ですが、未来の日本のために命をかけて戦った人々が居たことを知って欲しいです。

山崎銀之丞さん(五十嵐和男役)

山崎銀之丞さん(五十嵐和男役)
 五十嵐は、人として、また医療に従事する者として戦争という現実を嘆き、抗おうとすればするほど自分の非力さを痛感させられている苦悩を根底に持つ人なのでしょう。和也とはる菜にとって、救いになる人物の一人でありたいですね。
 撮影中の思い出は、休憩中に、うつみ宮土理さんと話をしていた時、「銀之丞さんの名前を見て、主人(愛川欽也さん・愛称“キンキン”)が“僕も欽之丞にしようかな”と言っていたわよ」とおっしゃったこと。「じゃあ、俺のことギンギンって呼んでください!」と出かかりましたが、今となってはそんなくだらないことを言わなくて良かった…と思っています(笑)
 この夏休み、ご家族揃ってご覧になってください!改めて自分が今いる環境や周りにいてくれる近しい人たちのことを考えてみませんか?自分にとって本当に大切なものとは? このドラマが、いろんな話し合いの材料になれば嬉しいです。

トピックスバックナンバー

新着情報

2012/08/31
トピックス:『ぼくの夏休み』クランクアップ!!
2012/08/29
家族の思い出写真その10
2012/08/28
トピックス:あなたもタイムスリップ!? ぶらりロケ地散歩 その2 川根温泉笹間渡駅
2012/08/27
トピックス:出演者のみなさまからのメッセージ ~最終週スタートに寄せて~
2012/08/27
家族の思い出写真その9
2012/08/24
振返り動画:第8週
2012/08/24
インタビュー:逢沢りなさん
2012/08/23
インタビュー:佐野和真さん
2012/08/23
家族の思い出写真その8
2012/08/21
家族の思い出写真その7
2012/08/20
インタビュー:有村架純さん
2012/08/17
振返り動画:第7週
2012/08/15
トピックス:8/22(水)同時発売!番組オリジナルサウンドトラック&牛田智大さん最新アルバム!!
2012/08/14
家族の思い出写真その6
2012/08/13
インタビュー:井上正大さん
2012/08/10
振返り動画:第6週
2012/08/08
インタビュー:高岡早紀さん
2012/08/07
家族の思い出写真その5
2012/08/06
第二部 相関図等更新しました。
2012/08/06
トピックス:綾部さん・二宮さんクランクアップ!
2012/08/03
振返り動画:第5週
2012/08/03
トピックス:出演者の皆さまからのメッセージ~第1部終了に寄せて~
2012/08/01
インタビュー:升毅さん
2012/08/01
トピックス:データ放送で番組オリジナルマグカッププレゼント!
2012/07/31
インタビュー:崎本大海さん
2012/07/31
家族の思い出写真その4
2012/07/27
振返り動画:第4週
2012/07/24
家族の思い出写真その3
2012/07/23
トピックス:ぶらりロケ地散歩♪
2012/07/20
振返り動画:第3週
2012/07/14
トピックス:第二部に井上正大さん・有村架純さん出演決定!
2012/07/13
インタビュー:牛田智大さん
2012/07/13
振返り動画:第2週
2012/07/13
家族の思い出写真その2
2012/07/11
インタビュー:うつみ宮土理さん
2012/07/09
牛田智大が奏でるメインテーマ「未来へつなぐ空」レコーディング映像
2012/07/06
家族の思い出写真その1
2012/07/06
振返り動画:第1週
2012/07/04
インタビュー:二宮星さん
2012/07/02
インタビュー:綾部守人さん
2012/06/26
トピックス:綾部守人さん&二宮星さんクランクインレポート
2012/06/25
ホームページを公開しました!
  • 番組公式 Twitter
  • 家族の思い出写真館 写真大募集
  • 『ぼくの夏休み』クランクアップ!!
  • あなたもタイムスリップ!?
ぶらりロケ地散歩 その2 川根温泉笹間渡駅
  • 出演者のみなさまからのメッセージ ~最終週スタートに寄せて~
  • 次の昼ドラ【赤い糸の女】

ページTOPへ