ストーリー

#39

クリスマスの翌日。健吾(陣内智則)がこん睡状態から目覚める。そのそばには真琴(星野真里)の姿が。真琴は、目覚めない健吾を捨てて涼太のもとには行けなかったのだ。「もう終わったこと」と真琴はしのぶ(岡江久美子)に告げるが...。
健吾が姿を消し騒ぎになるが、現れた健吾は真琴に渡すべきものを用意していた。事故に遭ったいきさつを話しながら、健吾は気づいたことがあると言う。
 真琴は自分の感情に従い、行動を始める。その頃、涼太(眞島秀和)は取材で再びジャカルタに行くことになり...。

PageTop