地域貢献活動

社内見学

平成29年度 活動報告

photo
  • 【開催日】10月17日(火)

豊橋市立高師台中学校1年生12名と教諭1名が「スイッチ!」副調整室で、生放送撮影現場の様子を見聞体験し、スタジオでは、その進行の模様を体験学習ノートに書き留め記録しました。また「スタジオセットの控室」として番組制作の美術部門の側面から、大道具、小道具などが設置される前段階の準備室に臨み、美術担当者から説明を受けました。

photo
  • 【開催日】10月12日(木)

江南市立藤里小学校の5年生の生徒14名と教諭1名が「スイッチ!」スタジオと副調整室にて生放送の進行体験をしました。「映像(画面切り替え操作)・サウンド(音声・効果)を体験してみよう!」の設定で放送とは反対側副調整室(裏サブ)で映像分野において全体的な画像処理を放送技術分野担当者から、そして、サウンドレベル確認などを音声マンから教わることができました。締めくくりに、番組司会者とプロデューサーからテレビ局全般の仕事について、情報番組に携わる、裏舞台や仕事の志望動機など多岐にわたる側面から、お話がありました。

photo
  • 【開催日】7月21日(金)

愛知県立津島北高校の2年生の生徒9名と教諭1名が、番組「映画MANIA(マニア)のゼネラルプロデューサーの案内でスタジオ収録を見聞体験されました。今回は、照明部門と美術部門の連動として「白色」に統一されたスタジオでの照明効果や、白幕で覆う美術的な工夫が撮影にどのように作用するかを、体感されました。結びに局アナウンサーから、テレビ局の仕事の特徴や一般の方から見たテレビ局などについて、話し合いの場をもつことができました。

photo
  • 【開催日】6月13日(火)

名古屋市立守山中学校の2年生の生徒6名と教諭1名が「スイッチ!」スタジオと副調整室にて生放送の見聞体験をしました。そして「サウンド(音声)を体感してみよう!」の趣向で放送中の設定と同じ状態で、副調整室の「音声卓」のレベル調整などをシュミレーションすることができました。また、スタジオセットの仕組みを番組終了後に美術部門から説明を受けました。結びに局アナウンサーから、テレビ局全般の仕事について、多岐にわたる側面から、お話がありました。

photo
  • 【開催日】6月6日(火)

岡崎市立額田中学校の1・2年生の生徒8名と教諭1名が「スイッチ!」スタジオで見聞体験をし、副調整室にて放送現場の基本的なしくみついて概説を受けました。また、美術部門より、スタジオセットの仕組みを番組終了後に説明を受け、番組プロデューサーからは、生放送情報番組の特性について、様々な側面からお話がありました。

photo
  • 【開催日】5月17日(水)

下呂市立下呂中学校2年生の5名と教諭1名が「スイッチ!」副調整室、スタジオにて、番組プロデューサーから制作現場の基本的なしくみの説明を受け、生放送撮影現場の見聞体験をしました。また「スタジオセットのしくみ」として大道具、小道具など目に見える番組用の様々な物の観点から、実際に設置されている場所に臨んで美術担当者から、説明を受けました。

上へ戻る