銅像スター調査隊! 2018年5月25日19時~放送

街で見かける銅像。普段、何気なく通り過ぎることが多いのですが、その人の偉業や立像の背景を調べると意外な発見がたくさんあった。銅像は、郷土の英雄を讃えるシンボルであり、物言わず生き様や教訓を伝える歴史の証人でもある。この番組は、街で見かける銅像をキッカケに「一体、この人は何をしたんだろう?」という“謎”を解き明かしていくアカデミックバラエティ。単に銅像が誰かというだけでなく、意外に知らない街の歴史も浮き彫りにしていく!

出演者

MC:
加藤浩次
パネラー:
カンニング竹山、光浦靖子、宮崎哲弥(評論家)
アシスタント:
浦口史帆(東海テレビアナウンサー)

◇覚王山日泰寺の「ラーマ5世」

ラーマ5世像

名古屋市の覚王山日泰寺に“ある国”の王様の銅像がある。それが、「ラーマ5世」の像。日本の明治時代に在位した偉大な王様である。彼が日本に贈った”世界的発見物”をキッカケに、名古屋を巻き込んだ壮大なスケールの物語が始まったという。

◇岐阜羽島駅前の「大野伴睦像」

大野伴睦像

岐阜羽島駅前にひときわ大きな銅像「大野伴睦像」がある。この人こそ、自民党を作った立役者のひとりで、新幹線開通の危機を救った人だと言う。そして、規格外の発想で“ある事”を行おうとしたという…。それは一体何だったのか!?