長くつ下のピッピの世界展
~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念
長くつ下のピッピの世界展
~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~


「長くつ下のピッピ」は、アストリッド・リンドグレーンが娘のために
即興で語った物語が原点となっています。
今日まで、70年以上にもわたり、世界中の子どもたちに読み継がれてきました。
本展では貴重な原画をはじめ、
オリジナル原稿、愛用品など約200点が展示され、
その多くが日本初公開となります。

さらに本展のために制作された特別映像やピッピが住んでいる設定の
<
ごたごた荘>の大型模型もお楽しみいただけます。
またリンドグレーンの作品に描かれるスウェーデンの生活文化、自然との共生、子育てといったテーマにも焦点があてられます。
94
年の生涯と作品を通して子どもの人権を守り、
動物の権利の擁護者としてもあらゆる虐待に反対の立場を表明した、
そんなリンドグレーンの知られざる人生も紹介します。

<チラシ>





3月5日(火)10時~ 前売券 販売開始

基本情報

日程

2019年4月27日(土)~6月16日(日)
10時~19時30分
※最終日のみ17時閉館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

会場

松坂屋美術館
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/

チケット情報

入館料

一般(中学生以上)
当日1200円/前売1000円
小学生
当日600円/前売500円
※税込 未就学児無料
※団体(10名様以上)は前売り料金
※小学生以下は保護者同伴で入場可
※障碍者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と、付添の方1名様まで無料

プレイガイド

チケットぴあ (Pコード769-534)
ローソンチケット (Lコード42409)
e+(イープラス)
セブンチケット


お問い合わせ

東海テレビ放送 事業部 
052-954-1107(平日10時~18時)
松坂屋美術館
052-264-3611(10時~19時30分)

主催:東海テレビ放送
後援:スウェーデン大使館、デンマーク大使館、エストニア大使館、名古屋市、名古屋市教育委員会
協賛:野崎印刷紙業  
協力:アストリッド・リンドグレーン社、コピーライツアジア、徳間書店、岩波書店、偕成社、スウェーデンハウス、イケア・ジャパン
企画:東映、東京富士美術館
監修:菱木晃子(北欧児童文学翻訳家)

おすすめイベント

ページの先頭に戻る