新着情報

第9週 2014年10月27(月)~10月31日(金)放送

第44話 10月31日放送

 夏江(浅野ゆう子)はカジノを舞台に、柳田(大和田獏)と一世一代の大勝負に出る。勝ったのは…。
 夏江が柳田と息詰まる対決を繰り広げる一方、マモル(三宅健)は、今の自分を父に知ってもらうべく、父に食べてもらおうと全力で得意料理を作っていた。
 ついに四姉妹が柳田と対峙する時が来る。夏江たちの正体を知り、驚く柳田は32年前の事など、何も知らないと言い張るが、春子(室井滋)があるものを差し出すと…。
 ついに迎える最終回。ほっとけないシスターズの華麗な活躍もひとまず終了かと思いきや…。しっかりとその目に、彼女たちの雄姿を焼き付けてください!!

第43話 10月30日放送

 藤田(目黒祐樹)の証言から、母の事故死の真相を知っていると思われる柳田(大和田獏)が、「アマルコルド」のある一帯の土地買収を進める会社「住全」に勤め、役員をしていることが分かる。
 さらに判明した事実は、母の死の原因を作ったのが柳田ということ。真相を明らかにするためにはシナリオが必要だが、春子(室井滋)は、「作戦名は『誰がために真実の鐘は鳴る作戦』にして」とオーダー。今度こそ、夏江(浅野ゆう子)がシナリオを書き上げるべく、頭を絞るが、シナリオを完成させたのは結局…。
 姉妹が柳田への接近を試みる中、栄転が決まったと言う林(神保悟志)が、一緒について来てほしい、と夏江に言うのだ。栄転先は…。

第42話 10月29日放送

 夏江(浅野ゆう子)たち姉妹は桑原(渡辺哲)の告白を聞き、ぼう然とする。しかし、桑原の“企み”が姉妹の絆を再び取り戻してほしい、との思いからだということも痛いほど伝わってくる。
 姉妹は桑原の思いを受け、32年前の母の死の真相を明らかにすること決意。話を聞いたマモル(三宅健)も手伝いを申し出るが、夏江は父との確執を一刻も早く解くことが先決だと諭す。
 冬美(釈由美子)が、両親と旧知の仲の藤田(目黒祐樹)を訪ねて話しを聞くが、その際、母の死に関係があると思われる人物が、思わぬ形で「アマルコルド」の立ち退き問題に関わっていること知る。

第41話 10月28日放送

 春子(室井滋)の病気が治ったと聞き、キツネにつままれたような気になる夏江(浅野ゆう子)は、無性に腹が立つ一方で、うれしさがこみ上げる。ところがその直後、桑原(渡辺哲)が倒れたと連絡が入る。
 桑原は、心臓の機能が弱まっているようで、精密検査を受けることに。夏江から話を聞き、心配するマモル(三宅健)。そのマモルは、実家に戻ったものの、相変わらず病床の父から口をきいてもらえず…。
 葛西(賀集利樹)が「アマルコルド」に現れ、立ち退きに関する契約書にサインするよう迫ってくる。1週間猶予が欲しい、と夏江は退けるが…。

第40話 10月27日放送

 春子(室井滋)が、32年前に母親が亡くなった一件の真相が知りたいと言い出したことで、夏江(浅野ゆう子)との仲が再び険悪になる中、春子が病院に運び込まれたとの連絡が入る。慌てて姉妹たちが病院に駆けつけると、すでに春子は自宅に帰ったという。
 そんな時、「アマルコルド」が、1カ月以内に立ち退きするよう迫られてしまう。お店の建物自体が古くて、耐震性に問題があるらしく、大家の長谷川(ラサール石井)から言い渡されたのだった。店の思い出話に花を咲かせる常連たちを見て、夏江の目にみるみる涙が…。
 秋代(松本明子)に諭され、夏江が春子を訪ねる。先日、口論になった際、ひどいことを言ったことを謝りに来たのだ。ところが、夏江はその場で信じられない内容の書類を見つけてしまう。

おすすめコンテンツ

昼ドラ公式 twitter