MENU

癒し屋キリコの約束

インタビューインタビュー

上山 涼役 戸塚 祥太さん

――これまでA.B.C-Zのメンバーの皆さんと一緒に連ドラに主演したことはあるそうですが、単独での出演は初めてだそうですね。

「この話をいただいたときは本当にうれしかったです。10代の頃、夢は連ドラに出ることで、七夕の時期になると『早く連ドラに出られますように』と紙に書いて祈ってました。ただ、書いたのが短冊でなく、ノートの切れ端だったので、こうして夢が実現するのに時間がかかったんですかね(笑)」

――「癒し屋キリコの約束」に出演することが決まり、周りからはどんな反響が?

「たくさん“おめでとうございます!”と祝福メッセージをもらいました。考えたら、こんなにみんなからおめでとうって言われる機会ってそんなにない気がして。改めて『良い仕事に巡り合えた』と感じています」

――涼について。どんな役作りを?

「撮影に入る前は、とにかく出来ることを全てしておきたい! と思っていたんです。声のトーンなんかは、徹底的に作り込んだほうがいいのかな、と思ったりもして。でも星田監督からは『ナチュラルに演じてほしい』とリクエストされ、自然体でいたほうが大事なような気がしました。最初のところでは、涼とキリコさんやカッキー、さらに『純喫茶 昭和堂』の常連のみんなとの距離感というのを意識しました。みんなと一緒にいるけれど、涼はどこか一歩引いているところがあるので、完成したものの中で“絶妙な距離感”が保てていたらうれしいです」

――すぐ涼という人物を掴めましたか?

「段々とですね。星田監督も星監督もアイデアに満ちた方で、毎回提示されることが面白いんです。現場でいろんなものを吸収して徐々に涼に近づけているだろうし、最後まで監督の方々について行きます! と思っています」

――長い時間、涼という人物を演じて、どんなことを感じていますか?

「演技には“計算”も必要だな、と。撮影のボリュームもあるので、積極的に自分で考えるよう心掛け、言われる前にまず自分で動いてみることも大事だと思っています」

――涼の魅力、見どころは?

「涼は自分から人に話しかけるタイプでなく、表情で見せることが多いんです。そのときどき、浮かべている表情で涼が何を思っているのか、注目してもらえたら。こんなことを言って、自分で自分に対して「表情でいろんなものを伝えられるようになるぞ!」とプレッシャーをかけています(笑)」

――涼はキララに想いを寄せられます。二人の関係がどう変化するのかも見どころの一つですね。

「テレビの前でぜひドキドキしてください(笑)。涼ってこれまで恋愛は二の次にしてきたところがあり、女の子からガツガツこられた経験もないと思うんです。戸惑い、拒絶しながらもいろいろあって二人の関係がどう変わっていくのか。僕も楽しみにしています」

――ところで、共演者の皆さんはどんな方ですか?

「遼河はるひさんは男の僕より“男前”ですね。スタイルが良くて、背が高くて。演技も大胆でセリフをズバッと言うワイルドな感じが、『うわ、格好いいな』と思っています。前田亜季さんは会見でも言いましたが、まるで枕のような人です(笑)。人を包み込むようなやさしさがあり、言い換えるとタンポポのような味噌汁のような…」

――ユニークな表現ですね(笑)。ところで戸塚さんはプライベートで喫茶店にまつわる思い出ってありますか?

「喫茶店は大好きな場所です。僕は生まれてすぐ引っ越してしまったんですが、愛知県で生まれたんです。小学生の頃まで、夏休みになると愛知にあるおじいちゃん、おばあちゃんの家に行き、近所の喫茶店にもよく通ってました。愛知の喫茶店って、大きなトーストとゆで玉子が出てくるんですよね。食べるのが楽しみでした。今回、『純喫茶 昭和堂』のセットがすごく素敵で、店内がアンティーク調で色使いも自然を感じさせるものばかりだし、おいしいコーヒーも飲めて。セットに来るのが本当に楽しみなんです」

――もし戸塚さんがキリコに癒しを求め、相談するとしたらどんなことですか? 

「最近、家で書き物をよくするんです。夜、書いていると自分でも気づかぬうちに寝ちゃって(笑)。それで締め切りに間に合わず、翌朝『すみませんでした!』と謝ってばかりいるので、“寝落ち”しない方法があったらぜひ教えてほしいです」

――では、最後に視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

「放送が夏休み中に始まったので、いつも以上に幅広い層の方が見てくださると思います。僕は夏休みに見るほのぼのとした昼ドラが好きだったので、視聴者の皆さんにも当時僕が味わったような気持ちになってほしいですし、この作品は概ね2話完結でそういうスタイルは珍しいんだそうです。昼ドラに新しい風を吹かせられるよう、最後まで頑張ります!」

ページトップへ