2月1日(月)スタート 毎週月~金 ひる1時25分

ストーリー

最終話

331日(木) 放送予告

 岩上(乃木涼介)が捨てた春子(ほの花)に出会ったことで、生きる希望を持つことができた。そんな岩上には尽くす義務があるのかもしれないと考えた里子(佐藤江梨子)は、岩上との結婚を受け入れる。しかし、実の父親が人に復讐する姿を娘である春子に見せたくないと考えた里子は、春子を枝川家に預けることを岩上に対する交換条件とする。岩上も今までにあった辛いことの復讐を終えればきっと変わることができる、春子を迎えに行けるようになるはずという希望を持って...。
 しかし、里子が好きでもない人と望んでもいない結婚をするなどということに納得できない剛太郎(宅間孝行)とまき(遠藤久美子)は、岩上のもとを訪ね、直談判して説得しようと試みる。
 大造(竜雷太)は誰にも告げず放浪の旅へ出ようとしていた。照(いしのようこ)は愛しい気持ちを押し殺し、あえて明るく送り出そうとする。涙を流して最後の熱い抱擁を交わす二人だが...。
 新しい街へ行き、心機一転新たに人生をはじめるべきか悩む里子を訪ねて来たのは、金沢の老舗旅館「かぐらや」の女将・神楽奈緒子(羽田美智子)だった。世の中は優しい人で溢れているから新しい世界でも大丈夫と話す奈緒子の言葉に、里子は改めて覚悟を持って生きようと決意をする。
 通算放送期間51年10か月。通算214作13319話となる最後の昼ドラの最終話です。昼ドラならではの面白さを最後の最後までお届けします。