番組紹介

名古屋の人気グループ「BOYS AND MEN」が忍者となって修行の旅に出る!中部地方の観光スポットを結んだ「昇龍道」を周りながら、世界中の忍者たちに向けてその魅力を体を張って紹介してゆきます!忍者ボイメンくんたちの師匠役は「忍者マスター」の浜谷健司(ハマカーン)。マスターから発せられる無茶ぶりの修行に忍者ボイメンくんたちが振り回される!?

過去の放送

12月21日放送「昇龍道の果てで最終修行でござる!」(最終回)

 今回は忍者ボイメンくん11人揃って石川県へ!集大成となる最終修行を行うため、まずは金沢市にある「ひがし茶屋街」でバカ殿じゃんけんを敢行!バカ殿になったらマスターのOKが出るまでバカを続けなければならない。最初のバカ殿は顔影!バカ殿メイクで変身し、唐辛子をたくさん使った海苔の佃煮を山盛り食べた顔影は、思わず素直に辛いと答えてしまいバカ殿に認定!続いての殿は媚影!食べられる金箔を見つけ、お茶の中に大量投入!ほとんどの金箔が湯呑みにくっついてしまうというバカを見せ、媚影バカ殿認定!続いて訪れたのは、UFOが多数目撃されているという羽咋市にある宇宙の博物館。ここでアルバイトをしている宇宙人サンダーくんと遭遇、宇宙最強の忍者になるため、まずは宇宙人をよく知ろうと「宇宙人サンダーくんクイズ」をすることに。さらに、クイズに答えられなかった忍者4人で宇宙大喜利をし、恥ずかしい答えをした尻影が愛の追加修行の1人目に決定!そして最終修行の地・穴水町に到着した一行。海と陸が入り組んだ地形で、地名に「鼻」がつく文字が多い穴水町で行う
最終修行は、鼻こより修行!鼻こよりを使ってくしゃみをした者から忍者修行終了!続々と涙を流しながらくしゃみを連発
するメンバー。最後までくしゃみが出なかったビラ影が2人目の愛の追加修行決定!尻影とビラ影を待ち受けていた追加
修行は、現代版の水蜘蛛の術である「ウォーターダッシュ」に入り、海を渡って昇龍道の先まで行ってもらう
ことだった!?

写真 写真