東海テレビ

2015年7月から全12回にわたり、修行の旅を通して、昇龍道(※)の魅力をお伝えしてきた“忍者ボイメンくん”たち…。しかし、彼らはまだまだ半人前忍者のままだった。ということで、さらなる高みを目指すべく、2ndシーズンでは、忍者道具づくりにも挑戦する!“忍者ボイメンくん”たちの新たな修行の旅が“今”始まる!(※)日本国が認定した国内にある7つの広域観光周遊ルートのひとつ。中部・北陸(富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県)地方を「龍」に見立てた「昇龍道ルート」のことを言う。

次回予告

10月17日放送

歴史ある街・岐阜で一旗あげるでござる

次回訪れたのは、岐阜県岐阜市!「岐阜」と命名されて450年を迎える歴史ある街で、忍者ボイメンくんたちは岐阜城主だった織田信長にあやかって一旗あげるための忍者道具を作ることに!?
お楽しみに!

過去の放送

10月3日放送

全員集合!新たな修行の旅が始まるでござる!

見習い忍者の『ボイメンくん』が、日本の魅力が凝縮された中部北陸地域の観光エリア『昇龍道』の楽しみ方を紹介する番組『忍者ボイメンくん』。
シーズン1では、修行の旅を通して昇龍道の魅力をお伝えしてきた“忍者ボイメンくん”たち。しかしまだまだ半人前忍者。さらなる高みを目指し、新たな修行の旅が始まる!

実は今回彼らには、新しく課せられた使命があった!それは「日本のモノづくり文化の素晴らしさ」を伝え、さらにその土地に根付く技や知恵を習得、新たな忍者道具を生み出すこと。
そこで今回は、愛知県・名古屋市緑区にある『有松』へと向かう!ここは伝説の忍者“服部半蔵”にもゆかりの深い忍者の聖地。さらに有松といえば国の伝統工芸品にも指定されている「有松絞り」が有名。この魅力を伝える施設を訪れ、職人技を目の当たりにしたマスターは、有松絞の技術を使って新たな忍者道具「勝負パンツ」を作ることを提案!
蹴影・尻影・ママ影・桃影・顔影のチームは赤いパンツを。肉影・ビラ影・甘影・ブラ影・静影のチームは青いパンツを作ることに決定。デザインを決めると布を絞り、「勝負パンツ」作りは順調に進んでいたが、最後の工程・染色で事件が発生!ブラ影が大変なことに!?果たして、忍者の強さをアップさせる(!?)、新たな忍者道具「勝負パンツ」は完成するのか?ラストには、予測できない衝撃の結末が…!?