東海テレビ

第467回 東海テレビ放送番組審議会

1.開催日

平成20年1月15日(火)

2.出席者

出席委員

多賀潤一郎委員長、山川皓副委員長、赤崎まき子委員、石塚正孝委員、北川薫委員、坂井克彦委員、鈴木英介委員、福和伸夫委員、矢崎藍委員、山内拓男委員

社側出席

石黒大山代表取締役会長、淺野碩也代表取締役社長、山岸昌久常務取締役、山内公明常務取締役、木村高志取締役事業スポーツ局長、内田優取締役編成局長、広中幹男報道制作局長、加賀敬章編成局次長兼デジタル事業部長、藤井潤報道制作局制作部長、横田誠報道制作局制作部プロデューサー

3.議 題

  1. 「ぴーかんテレビ特別企画 スラシュQ Xmasスペシャル“THE なごや検定”」
    (12月24日(月・祝)午前9時55分~11時25分)放送
  2. 東海テレビ放送、テレビ放送全般について
  3. 局に寄せられた視聴者からの意見、苦情等の概要報告(12月分)
  4. その他

4.議事の概要

1.審議番組について委員からは

  • 生まれ育った地元名古屋について実によく知らないことが多いと分かった。クイズ形式で地元を知る大変良い企画だった
  • インターネット、ワンセグ等を使って情報をやり取りする双方向の視聴者参加形式で今後のテレビのあり方を実感した
  • 次から次へとテンポ良く進行しゲームを体験しているような感覚で番組を楽しめた
  • 地元出身のタレントを起用し視聴者の支持を得られたと思う
  • 問題の内容が名古屋中心であるため、岐阜・三重の人には興味が薄かったのでないかと思う
  • 問題数が多いため進行がはやくなるのは理解するが、もっと解説を入れたほうが魅力的な番組になった

等、活発な発言が相次ぎました

2.12月に寄せられた1,388件にのぼる問い合わせ、意見、苦情について概要を社側から報告しました。