東海テレビ

第479回 東海テレビ放送番組審議会

1.開催日

平成21年2月10日(火)

2.出席者

出席委員

山川皓委員長、山内拓男副委員長、赤崎まき子委員、阿久津光志委員、神野重行委員、北川薫委員、坂井克彦委員、福和伸夫委員、矢崎藍委員、矢橋慎哉委員

社側出席

石黒大山代表取締役会長、淺野碩也代表取締役社長、山岸昌久常務取締役、山内公明常務取締役、木村高志取締役事業スポーツ局長、内田優取締役編成局長、広中幹男取締役報道局長、高木卓司制作局長、中根康邦情報制作局長、鶴啓二郎制作局次長兼東京制作部長、服部宣之制作局東京制作部プロデューサー

3.議 題

  1. 「東海テレビ開局50周年記念 スペシャルドラマ 長生き競争!」
    (平成20年12月26日(日)午後9時30分から11時22放送)を審議
  2. 局に寄せられた視聴者からの意見、苦情等の概要報告(1月分)
  3. その他
  4. 配布資料説明

4.議事の概要

1.審議番組について委員からは

  • 幼なじみの友人達が、誰が一番長生きするのかに金をかけるというストーリーであったが、台本がよく練られており、わざとらしさは感じられなかった
  • 宇津井健、草笛光子ら芸達者な俳優の持ち味がうまく引き出されていた
  • 「老いと死」を深刻にとらえるのではなく、「死」は誰にもやってくるもので、今を一生懸命に生きようという番組のメッセージがよく伝わってきた
  • 「年をとると足し算で考えるのでなく、引き算で考えてしまう」「人生は死ぬまで生きるんだ」などの台詞が印象に残った
  • 番組の最後を花火で締めくくったのは、人生を華麗に生きたいという思いが込められ、納得できる終わり方であった
  • さだまさしの歌が物語を盛り上げていた
  • 「子供が産める、産めない」というシーンがあったが、ストーリーとは余り関係がなく、デリケートな問題なので配慮が欲しかった

等、活発な発言が相次ぎました

2.1月に寄せられた1,244件にのぼる問い合わせ、意見、苦情について概要を社側から報告しました。