東海テレビ

第494回 東海テレビ放送番組審議会

1.開催日

平成22年6月8日(火)

2.出席者

出席委員

山内拓男委員長、坂井克彦副委員長、赤崎まき子委員、阿久津光志委員、石田好江委員、井上隆邦委員、神野重行委員、北川薫委員、福和伸夫委員、矢橋慎哉委員

社側出席

石黒大山代表取締役会長、淺野碩也代表取締役社長、山内公明専務取締役、木村高志常務取締役、内田優常務取締役報道スポーツ局長、広中幹男取締役総務局長、高木卓司制作局長、中根康邦情報制作局長 鶴啓二郎編成局長、阿武野勝彦報道スポーツ局専門局長、吉野健報道スポーツ局スポーツ部ディレクター

3.議 題

  1. 「母の日スペシャル 母の絵日記」
    (平成22年5月9日(日)16時30分~17時25分放送)を審議
  2. 局に寄せられた視聴者からの意見、苦情等の概要報告(5月分)
  3. その他

4.議事の概要

1.審議番組について委員からは

  • 全体的に控えめで淡々としていてよかった。しっかりと訴えていく番組だった
  • 深刻にならずに前向きな部分が前面に出ていて、温かみが伝わってきた
  • 多くの要素があるにも関わらず、“母”を軸に、バラバラにならず、うまくまとめて番組を作り上げていた
  • 柔らかく淡々としたナレーションと胸に沁みる映像とで織りなすドラマは目が離せず、見終わった後も爽やかな感じを味わえた
  • “絵日記”よりも主人公の方が目立っているように感じ、違うタイトルでもよかったのではないか
  • “絵日記”は高校卒業までの過去の話で、それ以降の競技生活やパラリンピック等の絵日記はない。タイトルと番組内容がずれていたのではないか

等、活発な発言が相次ぎました

2.5月に寄せられた1,314件にのぼる問い合わせ、意見、苦情について概要を社側から説明しました。