東海テレビ

第508回 東海テレビ放送番組審議会

1.開催日

平成23年10月11日(火)

2.出席者

出席委員

阿久津光志委員長、坂井克彦副委員長、石田好江委員、井上隆邦委員、神野重行委員、北川薫委員、成瀬伸子委員、福和伸夫委員、松原和弘委員、矢橋慎哉委員

社側出席

石黒大山代表取締役会長、淺野碩也代表取締役社長、内田優専務取締役、広中幹男取締役報道スポーツ局長、高木卓司取締役制作局長兼情報制作局長、中嶋保雄総務局長、鶴啓二郎編成局長、水田情報制作局情報制作部長、伏原情報制作局情報制作部プロデューサー

3.議 題

  1. 「ぴーかんテレビ」不適切テロップ問題について
  2. 10月改編・青少年向け番組・放送番組の種別について
  3. 「リトルワールドプレゼンツ~マチュピチュ発見100周年~世界遺産めぐり 天空からのメッセージ」
    (平成23年9月19日(月)14時05分~15時00分放送)を審議。
  4. 局に寄せられた視聴者からの意見、苦情等の概要報告(9月分)
  5. その他

4.議事の概要

1.「日本民間放送連盟」からの文書による厳重注意、「放送倫理・番組向上機構【BPO】」からの提言を報告しました

2.10月改編

帯ドラマは、昨年好評をいただいた「花嫁のれん」の続編を10月31日からスタート
自社制作比率は16.94%

青少年向け番組

「しあわせ家族図鑑」「主役はキミだ!わんだほキッズ」「ごはんの学校」「VS嵐」「ボクらの時代」「ワンピース」「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」の9番組を指定

放送番組の種別

7-9月及び10月期の番組の分類ごとの放送時間と7-9月期のCMの放送時間量を報告

3.審議番組について委員からは

  • 導入部分がうまく作られていて、楽しく見ることができた
  • 番組を見て一度はペルーに行ってみたくなった
  • リポーターが旅人として道中を楽しんでおり、臨場感があって一緒に旅をしている感が伝わった
  • リマ・クスコ・マチュピチュの3つの観光地の案内がコンパクトにできていた
  • ペルーと日本の深いつながりを縦糸に、他の番組にはない構成だった
  • 紀行番組に必要な食べ物・景色・人の3要素が盛り込まれており、良かった
  • アンデス文明とインカ帝国の関係をもう少し解説するなど、知的好奇心をもっと刺激してほしかった
  • ペルーに親日家が多い理由について掘り下げてほしかった
  • いろんな人種の顔が描かれた土器の話は印象的で、人類の知られざる歴史に触れた
  • 純粋に旅を楽しむ観光部分に加えて、学術的な知的解説部分がもう少しあったらよかった

等、活発な発言が相次ぎました

4.社側から9月1カ月間に電話・文書・メールで局に寄せられた2,379件に上る視聴者からの意見・苦情等の概要を報告しました