東海テレビ

第514回 東海テレビ放送番組審議会

1.開催日

平成24年4月10日(火)

2.出席者

出席委員

阿久津光志委員長、北川薫副委員長、石田好江委員、井上隆邦委員、神野重行委員、千先宣樹委員、成瀬伸子委員、福和伸夫委員、松原和弘委員、矢橋慎哉委員

社側出席

石黒大山代表取締役会長、淺野碩也代表取締役社長、内田優専務取締役、祖父江伸二常務取締役、広中幹男取締役報道スポーツ局長、高木卓司取締役制作局長兼情報制作局長、鶴啓二郎編成局長、川瀬隆司制作局制作部長、伊藤真保制作局作部プロデューサー、伊藤英樹東海テレビプロダクションディレクター

3.議 題

  1. 委員長、副委員長の選出
  2. 4月改編、青少年向け番組、放送番組の種別について
  3. 「土まみれの365日~農業高校1年生の記録~」
    (平成24年3月31日(土)12時00分~13時05分放送)を審議。
  4. 局に寄せられた視聴者からの意見、苦情等の概要報告(3月分)
  5. その他

4.議事の概要

1.委員長に阿久津光志委員、副委員長に北川薫委員を選任

2.4月改編

全国ネットの昼ドラマとして4月から「七人の敵がいる!~ママたちのPTA奮闘記~」
自社制作比率は20.93%となったこと

青少年向け番組

「主役はキミだ!わんだほキッズ」「ごはんの学校」「VS嵐」「ボクらの時代」「ワンピース」「ちびまるこちゃん」「サザエさん」の7番組を指定

放送番組の種別

10-3月期及び4月期の番組の分類ごとの放送時間と10-3月のCMの放送時間量を報告

3.審議番組について委員からは

  • 1年間の長期取材で学校の特徴がよく伝わり、構成も分かりやすかった
  • ナレーターの山口もえは控え目でおっとりした語り口であり、番組の趣旨と合っていた
  • 共同生活の中に実習で学ぶことを重んじており、日本の農業教育に光を感じた
  • 鶏の解体実習のシーンで食べ物と命が繋がっていることを知り、命の大切さを改めて痛感できた
  • 日本の農業の底辺を支えるテーマを内包していて、数ある問題を提起していた
  • 農業を目指そうとする若者が増えれば素晴らしいと感じた
  • 新入生の成長の様子を伝えることで番組に深みを持たせており、実際に成長していく姿は微笑ましく好印象だった
  • 今後も番組で追いかけて欲しい

等、貴重な意見をいただきました

4.社側から3月1カ月間に電話・文書・メールで局に寄せられた1,852件にのぼる視聴者からの意見・苦情等の概要を報告しました