東海テレビ

第541回 東海テレビ放送番組審議会

1.開催日

平成26年10月14日(火)

2.出席者

出席委員

北川薫委員長、神野重行副委員長、浅田剛夫委員、石田好江委員、大松利幸委員、金子慎委員、千先宣樹委員、成瀬伸子委員、松原和弘委員、山岡耕春委員

社側出席

石黒大山代表取締役会長、内田優代表取締役社長、河合信明専務取締役、中嶋保雄取締役報道局長、古橋明取締役編成局長、春田亮介取締役総務局長、祖父江茂樹スポーツ局長、若林輝彦スポーツ局スポーツ部長、山本貫太スポーツ局スポーツ部ディレクター

3.議 題

  1. 10月改編、青少年向け番組、放送番組の種別について
  2. 「ドラHOTプラスSP 山本昌 己を高める ~『継続』と『進化』で掴んだ49歳25日 プロ野球史上最年長勝利~」
    (平成26年9月20日(土)16時05分~17時00分放送)を審議
  3. 局に寄せられた視聴者からの意見、苦情等の概要報告(9月分)

4.議事の概要

1.10月改編

全国ネット昼ドラマは、9月からスタートしている「ほっとけない魔女たち」。個性的な4姉妹が身近にある問題を解決していく人情ドラマ▽お笑いコンビのバナナマンが“オトナ”になるための訓練をゲストとともに受けるバラエティ「オトナ養成所 バナナスクール」がスタートすること 等を報告しました

青少年向け番組

「すくすくぽん!」「スタイルプラス」「祭人魂」「VS嵐」「ボクらの時代」「ワンピース」「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」の8番組の指定を報告しました

放送番組の種別

4月-9月期の番組の分類ごとの放送時間と10月期の番組の分類、4月-9月期のCMの放送時間量を報告しました

2.審議番組について委員からは

  • 山本投手の野球への取り組みや考え方がきっちりと紹介され、積み重ねられた努力の結果が大記録に繋がったことを知るとともに来季の活躍を応援したくなった
  • 不調の原因を図解も取り入れ説明したことは、非常にわかりやすくて効果的だった
  • 今季初勝利に至るまでの2軍での調整やミニキャンプなどが丁寧に取材、紹介されることによって、プロの厳しさがよくわかった
  • 番組は若い人にあきらめない気持ちを訴えているだけでなく、年配の人たちに勇気を与えてくれるものであった
  • 最年長勝利の達成に向け、チームメイトはどのような気持ちで戦ったのかを紹介してほしかった

等、貴重な意見をいただきました

3.社側から9月1カ月間に電話・文書・メールで局に寄せられた4,251件にのぼる視聴者からの意見・苦情等の概要を報告しました