東海テレビ

テレビ番組制作会社の皆様へ

~パートナーシップに関するガイドライン~

私たちテレビ局は、社会から信頼され、視聴者から愛される番組を、常に制作し放送していかなければなりません。そうした良質の番組を制作していくためには、制作会社と良きパートナーシップを確立し、制作会社の意思・意向を十分に尊重することが何よりも重要と考えます。

番組を制作・発注する立場にあるテレビ局が自らに最終的な放送責任がある事を忘れ、テレビ局側の事情を一方的に制作会社に押し付けるとき、捏造・やらせ・過剰な演出等、あってはならない事態が起きたり、制作現場での安全性が確保できず事故が起きやすくなります。

東海テレビは制作会社を良きパートナーとして両者が協力し、全番組スタッフ及び関係者に対して、法令遵守・東海テレビ放送株式会社及び社団法人日本民間放送連盟の放送基準の遵守・番組制作委託等の契約遵守の意識を徹底させ、制作環境の向上を目指し、より社会に信頼される良質な番組を制作していく事を宣言し、ガイドライン(以下「本ガイドライン」という)をここに定めます。

第1条 <事前の協議・合意>

東海テレビと制作会社は、事前に十分な検討・協議を行い、企画内容・制作予算・制作スケジュール・著作権等権利の帰属及び配分等に関して、両者で合意した上で番組制作にあたる。

第2条 <途中変更への対応>

制作会社は、事前に両者で合意した事項を何らかの理由で制作途中に変更せざるをえない場合、及び予測不可能な事態が生じて番組制作に影響を及ぼす場合には、速やかに東海テレビに報告する。報告を受けた場合、東海テレビは事前の合意事項の変更等、誠意をもって速やかに対応する。

第3条 <放送責任>

番組制作の全ての過程において、東海テレビのプロデューサーは最終的な放送責任が東海テレビにあることを自覚し、制作会社の協力を求め、制作状況を詳細に把握するよう努める。

第4条 <問題発生時の対応>

制作会社は制作過程において、不法行為や不正、捏造・やらせ・過剰な演出等、あってはならない事態が発生した場合は直ちに東海テレビに報告する。この場合東海テレビは制作会社と協議した上で、スタッフ及び番組関係者に詳細な報告を求めるなど必要な措置を行い、問題解決に向けて速やかに対応する。

第5条 <苦情・意見への対応>

番組に対して視聴者及び第三者から苦情・意見等があった場合には、放送前・放送後に関わらず、制作会社は東海テレビに速やかに報告する。この場合、東海テレビと制作会社が協議し両者協力して問題解決にあたる。

第6条 <パートナーシップの確立>

東海テレビのプロデューサーは、制作会社を良きパートナーとして、番組発注及び制作にあたって制作会社の意思・意向を十分に尊重する。また東海テレビは、本ガイドラインの各条項で定める制作会社からの報告等に対し、決して不当な扱いをしてはならない。

第7条 <実効性の確保>

東海テレビは、本ガイドラインを制作会社に開示し、その実効性を高めるように努めるとともに、プロデューサー、全番組スタッフ及び関係者に対して研修・全体会議・勉強会等を適時実施する。

勇気を持って率直に意見を言える間柄が、“真のパートナーシップ”です。東海テレビは制作会社と、“真のパートナーシップ”の確立に努めます。

東海テレビ放送株式会社
2007年4月

東海テレビでは、常にオープンな形で、
制作会社の皆様からの番組企画を下記の要領で受け付けております

 私たちテレビ局は「感動」、「喜び」、「楽しさ」等を視聴者の皆様と共有できる、良質の番組を制作・放送していきたいと考えています。そのためには、制作会社の皆様と常にイコール・パートナーシップを心がけ、共に手を携えていかなければなりません。
 私たちは広く皆さんからの番組企画を受け付けています。視聴者の皆様に「愛され」、「親しまれ」、「信頼される」テレビ局になるため、制作会社の皆様と一緒にがんばりたいと考えています。

 特に締切日はありません。制作会社の皆様からのご提案を随時受け付けております。どうぞよろしくお願いいたします。

① 対象枠を以下に紹介します


「単発番組」枠

※東海テレビでは、適時必要に応じて単発番組を編成、放送しています。時間帯も平日・土日のデイタイムから深夜帯まで様々です。

② 企画受付の方針

  • 放送の公共性を十分に留意し、(社)日本民間放送連盟放送基準、及び東海テレビ放送(株)放送基準を遵守したものに限ります。
  • 企画提案されたものを、自ら番組制作して納入する事ができるテレビ番組制作会社に限ります。個人の方からの企画は対象としておりませんので、ご了承ください。
  • 対象枠の企画主旨に合致するものであれば、テーマ・演出スタイルは自由です。
  • 原則として、「完パケ番組」が対象です。
  • 予算は企画内容・放送時間枠等により異なります。企画が採用された段階でご相談させていただきます。
  • 完全に未発表でオリジナルの企画・作品に限ります。
  • 著作権・肖像権・意匠権・商標権等、すべての第三者の権利について、一切侵害していないものに限ります。
  • 番組の著作権については内容や制作体制等により、東海テレビに帰属する場合、制作会社に帰属する場合、両者が共有する場合があり、企画が採用された段階でご相談させていただきます。

③ 企画提案の際の書式等

  • 特に決まった書式はありません。簡潔にわかりやすくお願い致します。
  • 提案する企画書がまとまりましたら、下記まで直接お電話でご連絡ください。
  • 提出された企画書は、いかなる場合も返却は致しませんので、ご了承ください。
    また企画書に記載された個人情報は、東海テレビで適切に管理し、他の目的に利用する事はありません。

東海テレビ編成局編成部 番組企画担当あて
052-951-2511(代表)
※郵送・メールでの提案は、一切受け付けておりませんので、ご注意ください。

以上