相関図

九十九 さくら

真矢ミキ

 古本屋「九十九堂」を営む。「空腹の人に無料で親子丼を食べさせてくれる」という噂が都市伝説のように広まっている。 結婚後、一男一女に恵まれ、平凡で幸せな毎日を送っていたが、長男が17歳の時、ある少女の起こした事件に巻き込まれて死亡。心に深い傷を残し、夫とも離婚した。  その後、少女の裁判を経て、「空腹こそが非行のもととなり、人間らしく生きるために絶対に良くないことだ」と考えるようになる。そのため行き場を失い腹を空かせて訪れる人を見かけると、相手の素性は一切問わず、黙って無料で親子丼を食べさせるようになった。
 趣味は競馬。まっすぐで純粋な性格。
はっきり感情表現をしない人が増えてきている世の中で、さくらほど感情をむき出しにする人は珍しい。
 人々はその優しさ・労わり・明るさで元気づけられているが、長男を失ったさくらの悲しみはなかなか消えることはなく、あざみとの出会いで再び葛藤することに…。

九十九 恭子

本仮屋ユイカ

 さくらの娘。16年前、事件に巻き込まれて兄が死亡し、深く傷つく。さくらと父親が離婚してからは、九十九堂で店番するなどしてさくらを支えたが、たまりばに人を集めるさくらの行動だけは理解ができない。現在はフリーライターとして働いていて、家を出て一人暮らししている。

中西 俊太

塚田僚一(A.B.C-Z)

 さくらのもとに親子丼用の鶏肉と卵を配達する肉屋の店員。かつて関東一帯を制圧した暴走族の元リーダーだった。小さい時から九十九堂に出入りし、亡くなったさくらの長男とは幼馴染。面倒を見てくれていたさくらにも頭が上がらない。今では更生し、真面目に働いている。さくらのよき理解者で、競馬や酒を共にすることが多い。

二宮 あざみ

吉本実憂

 家出中の少女。幼いころに親類の家に引き取られ育つ。親類の両親からは愛された実感を一度も抱くことなく、15歳で家出した。ある時、友人に連れられ、さくらの古本屋へやってくる。親子丼の味とさくらの包容力に惹かれ、やがてさくらのアパートに住み着く。本当の母親のように接してくれるさくらに心を開くが…。

正木リエ

柳美稀

 あざみの不良仲間。九十九堂の噂をあざみに話す。

御代川 由希

大西礼芳

摂食障害に悩んでいる小学校教諭

御代川 峰子

森口瑤子

御代川由希の母

玉置 玄

矢野浩二

 九十九堂の常連。コミュニケーションが苦手だが、絵が上手。少年少女のよき相談相手。

佐伯 風花

浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)

小学6年までさくらの町で暮らしていた。シングルマザーとなって再び町に戻ってくる。

九十九 悠平

大地伸永

さくらの息子。16年前に殺害され死亡。

大将

河野洋一郎

大穴屋の大将

米松キミ子

飯沼千恵子

 九十九堂の隣で「バーバーヨネマツ」を営む。カヨ子の姉。

米松カヨ子

齋藤めぐみ

 九十九堂の隣で「バーバーヨネマツ」を営む。キミ子の妹。