東海テレビ

 東海テレビ放送は、個人情報保護方針を策定し個人情報保護に努めます。個人情報保護に関しては法律の適用除外とされる報道・著述の分野においても、個人情報保護法の基本精神を尊重し、適切に対応します。

 報道の自由・表現の自由を守りながら、一定の範囲で個人情報の保護の考え方も取り入れ、個人情報についての苦情に対応し、安全管理に努めます。

報道・著述分野の個人情報保護の指針

  1. 取材などで個人情報を収集する場合は、原則として報道・著述目的であることを明らかにします。
  2. 個人情報は適正な手段で取得します。
  3. 保有する個人情報は、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいなどに対し安全対策を講じます。
  4. 報道目的で収集し、保有する個人情報は、報道目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つように努めます。
  5. 報道目的で取得した個人情報は、原則として他の目的に流用しません。
  6. 報道目的で取得した個人情報を、第三者に提供する場合には、その情報が報道目的外に利用されることがないことを確認します。
  7. 報道目的で収集し、保有する個人情報に対する要請、苦情等は、コンプライアンス推進部が誠実に対応します。