COMPANY会社情報

東海テレビ

 東海テレビは、フジテレビ系列の基幹局として、愛知・岐阜・三重の東海広域圏をサービスエリアとしています。2018年にはいよいよ開局60周年を迎えます。

 長年制作してきたお昼の全国ネットドラマ「昼ドラ」の制作力を活かし、2016年4月からは放送時間を土曜午後11時40分へ移動。オトナに向けた本格派ドラマ「土ドラ」として、今も全国ネットの連続ドラマを制作し続けています。

 名古屋の町を舞台とする山口流エンターテインメントワールド「ぐっさん家」、バナナマンがいろいろな”オトナの授業”を受けていく「バナナスクール」などのバラエティ番組を放送。また、生放送の情報番組として、平日午前に「スイッチ!」、日曜正午には“大人のこだわり”にこだわる「スタイルプラス」を制作。

 報道では平日夕方に「みんなのニュース one」を生放送。速報性を使命としているテレビ局として他局に先駆けた、いち早い情報をお届けします。

 スポーツでは、地元最強のスポーツコンテンツである“ドラゴンズ”を冠にした「ドラHOT+」、2万人の女性ランナーが集結する「名古屋ウィメンズマラソン」、ドラゴンズ中継のほか、Jリーグ・ゴルフ・フィギュアスケート・Bリーグなども放送しています。

 イベントでは、「東海クラシックゴルフ」、クラシックコンサートやお芝居・落語、「名古屋オクトーバーフェスト」などを催しています。その他、「ヤクザと憲法」「人生フルーツ」など報道ドキュメンタリー番組の映画化も手掛けています。

 東海テレビはこれまで以上に地域密着を重視するとともに、全国に向けての情報発信についても積極的に取り組んでいます。

社 名
東海テレビ放送株式会社
設 立
1958年(昭和33年)2月1日
資本金
10億円
代表者
代表取締役社長 内田 優
最近の実績
売上高/305億1,200万円(2015年実績)
従業員数
355名(男性264名、女性91名) ※2016年4月現在
事業内容
テレビジョン放送・イベントプロデュース 他
本 社
名古屋
支 社
東京・大阪・三河・岡崎・岐阜・三重
海 外
北京支局