ABOUT各局紹介・求める人材

知っているようで意外と知らないテレビ局の仕事。
東海テレビではこんな人たちがこんな場所で活躍しています。

コンプライアンス推進局

仕事紹介

『コンプライアンス(法令順守)』というと固いイメージを持たれるかもしれませんが、社内の誰もが気持ちよく働いてもらえる環境を整えるサポートをしているのが「コンプライアンス推進部」です。各部署の業務上のリスク管理をはじめ、個人情報の取扱い支援など、会社の「ディフェンス」の仕事をしています。このほか、社外に向けたCSR活動などもこの部署で行っています。
「番組審議室」では、放送法で義務づけられている番組審議会を開催しています。また、視聴者の方からの問い合わせを受けたり、放送されている番組・CMが放送基準に則っているかチェックし、視聴者の方に正しい情報をお届けし、テレビを楽しんでいただくための業務を行っています。

経営企画局

仕事紹介

「経営戦略室」と「経理部」の2部からなります。
「経営戦略室」では東海テレビが将来に向けて進むべき方向を、各部署からの聞き取り内容を集約、検討し、取りまとめを行います。その他、経営上の課題について、社内外から情報をもとに、分析・検討し、提言も行っています。
「経理部」では、取引先への支払いや請求の管理をするほか、資産の管理・運用を行います。また、会社の経営状況を把握し、予算作成と収支管理なども行います。

総 務 局

仕事紹介

「総務部」と「人事部」の2部からなります。
「総務部」では、社屋の管理や備品の購入をはじめ、契約の締結、株式の管理のほか、株主総会、取締役会の実施、防災訓練など、社内で行うイベントを取り仕切ったりと、その業務は多岐にわたります。
「人事部」は、給料やボーナスの計算から社会保険、人事異動や研修の実施のほか、皆さんとかかわりの深い採用活動を行っています。

編 成 局

局長からのメッセージ
編成局長祖父江茂樹

極めて大雑把に言えば、東海テレビのタイムテーブルを視聴率とにらめっこしながら強くする編成部、番組やイベントを宣伝・広報する宣伝部、番組を国内や海外に販売したり、ネット配信する編成開発部、データ放送やホームページを作るデジタルコンテンツ部、そしてアナウンサーが所属するアナウンス部の5つの部署があります。
また、開局60周年の新キャラクター、周年コンセプトの制作や、60周年記念番組の企画を社内の各部署とともに協力して考えました。

●こんな人に来てほしい!
どの業種も変化が早いこの時代。テレビ局も変化を恐れず柔軟性があって打たれ強い人が欲しい。

東海テレビを目指す君へ

タイムテーブルには、ニュースやドキュメンタリー、情報番組・バラエティやスポーツ中継等、様々な番組があります。このうちひとつでも感動したり、心を揺り動かされた経験のある人は是非チャレンジして下さい。自分の感動を伝える喜びがテレビ局の最大の魅力です。

営 業 局

局長からのメッセージ
営業局長村井博

放送局に、「営業が?」って思われるかもしれませんね。我々、民間放送はNHKとは違い、主にスポンサーからの広告出稿料の収入で成り立っています。その広告出稿を、取りに行くのが、営業局の仕事です。
具体的には、全国放送(ネット)の男女プロゴルフトーナメント「東海クラシック」、「名古屋ウイメンズマラソン」、「オトナの土ドラ」などのネットセールス。エリア(愛知、岐阜、三重)内放送の「スイッチ」や「ぐっさん家」など自社制作番組のローカルセールス。そして、収入の柱のスポットのセールスです。勿論、イベント(東海テレビ感謝祭、SKEコンサート等)の立案とセールスも有ります。

●こんな人に来てほしい!
営業は、スポンサーや代理店の担当者との直談判が、基本です。なので、上手く会話出来る人が求められると思われます。が、実は違います。相手の話しを上手く聞く、聞き出す「聞き上手」な方を求めます。

東海テレビを目指す君へ

2018年は、東海テレビ開局60周年です。40年後の100周年を、迎えたい方、お待ちしています(笑)

東京支社

仕事紹介

民放は、主にスポンサーからの広告収入により経営が成り立っています。
東京支社は、東京地区に広告窓口がある、スポンサーや広告代理店へのセールスを担当しています。とくに、予算規模が大きい「ナショナルスポンサー」を相手に営業活動をすることが多いため、東京支社の売上は全社の中でも非常に高いウエイトを占めます。
テレビCMを通じてスポンサーのキャンペーンを成功させることはもちろん、自社の番組とのタイアップやスポンサーとともにイベントを企画・成功させるなど、他の業種の営業とは少し違う、「テレビ局ならでは」のクリエイティブさも必要とされる部署です。

報 道 局

局長からのメッセージ
報道局長喜多功

報道局の仕事は大きく分けてニュースとドキュメンタリーがあります。手法は異なりますが、世の中が少しでも良くなるようにとの想いをもって取材をしています。市民の代表としての権力の監視も使命の一つです。たとえば時の政権が戦争をしようとしているとき、われわれメディアが世論を動かし開戦を阻止できるか…。そのためには視聴者からの信頼が不可欠で、普段から努力を続けています。

●こんな人に来てほしい!
記者は相手に嫌がられる取材も行わなければなりません。被害者家族など取材対象者の心情を理解し寄り添える心根の優しさが必要です。またモノや人に興味と好奇心を持ち、多くの人に「伝えたい」と思う信念と気概を兼ね備えた人材を求めています。

東海テレビを目指す君へ

最高裁で死刑が確定した「名張毒ブドウ酒事件」の冤罪の可能性を約40年にわたって報道し続けています。最高裁=国家権力に対し「モノを申す」ことを許容する社風に魅力を感じた方は、ぜひ一緒に仕事をしませんか。

スポーツ局

局長からのメッセージ
スポーツ局長深川辰巳

スポーツ中継、スポーツニュース、スポーツバラエティ、スポーツドキュメンタリーの制作をしています。
野球シーズンには、ナゴヤドームにおける中日ドラゴンズの試合を中継しています。レギュラー番組「ドラHOT+」を制作し球団を応援しています。
地元のアマチュア・スポーツにも密着します。

●こんな人に来てほしい!
スポーツを心から愛する人を求めます。
かさねて、スポーツ以外のことも幅広く興味のある人を求めます。

東海テレビを目指す君へ

数あるメディアの中でも、地上波は大多数の視聴者に情報や娯楽を届けます。中部という大きなエリアで暮らす人々に、東海テレビを「ライフライン」と感じてもらえるよう、一緒にがんばりましょう。

制 作 局

局長からのメッセージ
制作局長川瀬隆司

制作局では、生活に役立つ情報番組やバラエティ、ドラマなどの娯楽番組を中心に制作しています。
主な番組としては、地域密着の情報番組「スイッチ」や上質なライフスタイルを提案する「スタイルプラス」、バラエティ番組「ぐっさん家」、ドラマ「オトナの土ドラ」などがあります。

●こんな人に来てほしい!
とにかくテレビが好きな人。
番組クリエイターとしては、「頑固」「あまのじゃく」「マニアック」も素質です。

東海テレビを目指す君へ

メディアが社会的な影響が大きいのは今も昔も変わりません。
そんな中、自分の作った番組で笑ってもらったり感動してもらったり・・・
とても責任が重いですが、その分やりがいのある仕事です。
一緒に東海テレビカラーの番組を作っていきましょう。

事 業 局

局長からのメッセージ
事業局長山口貢

「事業局」は、「事業部」と「事業開発部」の二部で構成されております。
「事業部」は、「トップ杯」「マンシングウェアレディース」といった東海テレビを代表するスポーツ催事の運営・管理をしたり、芝居・舞台・コンサート・展覧会等をリスクを取って主催・運営をしています。
「事業開発部」は、まだ歴史は長くありませんが、番組連動のセミナーを開催したり、データ放送のマネタイズに取り組んだり、製作委員会に出資・管理をしたり、「いちばん本舗」というテレビショッピングに取り組んだりと、多岐にわたる放送外・放送関連事業に取り組んで、新たな収入源の発掘・強化に取り組んでいます。

●こんな人に来てほしい!
・だれにも負けない努力をする人
・謙虚にして驕らない人
・反省のある毎日を送る人
・生きることに感謝する人
・善行・利他行を積める人
・感性的な悩みをしない人

東海テレビを目指す君へ

地上波放送局の将来を悲観するのではなく、大変革の時代だからこそチャレンジができ、自己研鑽を積み重ねて、会社に大貢献していけることを目標に、ともに荒海に漕ぎ出していける人を待ってます。

技 術 局

局長からのメッセージ
技術局長小川玉樹

技術局は、カメラ・音声・CGなど番組作りに関わる映像制作センター(報道技術部・制作技術部)、出来上がった番組・CMを送り出し、電波に乗せて視聴者に届ける放送技術部、社内外の情報システムやネットワークを管理するシステム部からなっています。

●こんな人に来てほしい!
まずは、テレビが好きな方。この仕事を楽しみ、仕事後に達成感を得るためにも、テレビをたくさん見て好きになってください。
つぎに、人が好きな方。テレビ技術の仕事はチームで取り組むことが多いです。様々な人とコミュニケーションをとり、チームの結果を最大にできることが大切です。

東海テレビを目指す君へ

テレビ技術の仕事には、先輩が培ってきた技術やスキルを引き継ぐ部分と、新しい技術やアイデアを取り入れ発展させていく部分があります。皆さんの若い力で、これまでのテレビ放送の枠組みにこだわらない、新しい技術の活用法を見せてくれることを期待します。