VOICE内定者の声

2018年4月入社内定者に、
様々な質問に答えてもらいました!
マスコミに就職を目指す皆さんには、
きっと参考になるはず!?

Q1テレビ局(東海テレビ)を志望した理由は?

インターンシップに参加して番組制作の現場を見たのが契機となりました。やはりテレビ映像の力は大きいと思いますし、私はテレビを通して視聴者の日常生活に笑いやきっかけを届けていきたいと思ったからです!

ドキュメンタリーはもっと面白くできる!と思っているから。
せっかくテレビなのだから、もっと映像で感じられるドキュメンタリーを作りたいと考え、テレビ局を志望しました。

テレビで人々を笑顔にしたかったからです!
バラエティ番組が大好きで、今までテレビのおかげでたくさん笑い、幾度となく元気付けられました。今度は私がテレビの前の視聴者を笑顔にしたいと思ったことがきっかけです。

これまでの人生で意思決定をする際、様々なコンテンツに影響されてきた事から、メディアの仕事に興味を持ちました。
その後、イベントをたくさん開催して多くの人々の心を動かしている事や、会社の雰囲気などを知るにつれて益々興味を持ち、志望しました。

世の中にある様々な問題を、
番組を通して提起する仕事がしたかったから。

Q2東海テレビの就職活動・選考中、印象に残った出来事は?

3次面接の時に新幹線に乗り遅れ遅刻したことです。なんとか面接の時間には間に合い、汗だくで面接を受けました。もし、遅刻が原因で落ちていたら一生の後悔になっていたのでみなさん本当に気をつけてください! (ちなみに就職活動中唯一の遅刻です)。

グループ面接です。まず入室の段階で、一番はじめに入室した人の挨拶がすごく大きて、「やばい…これくらい大きな声で挨拶しないといけないのかな…」と焦る。他の人の受け答えをきいて、「みんな上手く答えてる…難しいことも言ってる…すごい…」と焦る。焦りに焦って脇汗を大量に書いたことがとても印象に残っています。

東京での一次面接が一番印象的でした。人事の方、面接官の方、お手伝いしてくださっていた森アナウンサー、皆さん本当に温かくて、リラックスできました。採用試験とは思えないくらいの良い雰囲気でした。(アナウンス職)

人事の方々がとても優しいです。
控え室や、面接前にたくさんお話してくださり、リラックスして面接に臨めました。

1日で集団面接と個人面接、と違う種類の面接が2回あったことです。次の選考に進んだ時に、集団面接を一緒に受けていたメンバーがいた時は友情が芽生えました。

Q3エントリーシートを書く時に気をつけたこと、大事にしたことは?

どんな質問でも自己PRだと思って書きました。例えば短所を書くにしても、「それを克服するためにこんな努力をしています!」と、最後はポジティブな方向に持っていく。あとは自分の熱中していることや趣味、今までやってきたことを質問項目に散りばめて、引き出しを増やす。面接の時に、面接官が質問したいことがたくさん出てくるようなエントリーシートを目指していました。

他の就活生と似たような内容にならないように気を付けました。採用担当の方々は、多くのエントリーシートを読まれます。そんな採用担当の方々が飽きないような内容にすることが大事だと思います。

一目見て言いたいことがわかるように最初に大事なことを書くなど工夫した。 (アナウンス職)

写真選びに一番時間をかけました。清潔感のある服装や髪型を意識することはもちろんですが、撮影場所の明るさや背景もこだわって選びました。自分一人で選ぶのではなく、家族や友人、大学の先生など、色々な年代の人に見てもらい、意見を参考にして決めました。文章に関しては、見やすさ、完結さを意識しました。気持ちを込めて、丁寧な字で書くことも大切にしました。(アナウンス職)

よくある表現ではなく、自分なりの言葉で書くように心がけていました。また、エントリーシートも初めの数行が肝心と聞いてからは、特に意識して書きました。

Q4面接の際に気を付けたこと、大事にしたことは?

緊張すると声が小さくなるので、家で自己紹介と志望動機を話す練習をしてから面接に出掛けました。声を出すウォーミングアップも兼ねてですね。あとはちょっと早めに行って会場の場所を確認し、近くのカフェでエントリーシートを見直したり、ニュースのチェックをしたりしていました。出来るだけ気持ちにゆとりを持てるように。面接中は緊張して何も考えられないタイプなので、万全の準備をするのみでした!

面接に苦手意識があったのと、咄嗟にしょうもないことを言って後悔しないように、色々なQ&Aを考えてみるなど準備していました。そして、面接中は大きな声でハキハキと話すように心がけました。ですが、変に作らずいつもの自分でやっていました。

ハキハキと、早口になりすぎないように喋ることです。一方的な発表でなく、あくまでも面接官との対話であることを常に意識していました。

何よりも雰囲気です。部屋に入った瞬間である程度勝負が決まるところもあるので、表情一つから気を配っていました。私は、あまり面接官の方と質疑応答の面接をしにきたという感覚はなかったです。これから一緒に働くかもしれない上司なので、『今日も楽しくお話ができたらいいなー』という感じで臨みました。話している時の表情も気を付けていました。(アナウンス職)

面接は第一印象が大事だと思っていたので、とにかく笑顔で大きな声で話す事を意識していました。また、質問に対して分からないことがあったら、分からないと正直に言う事も大切だと思います。

Q5就活前にやっておいた方がいいことは?

「絶対テレビ局に就職したい!」という人も、視野を広げていろんな業界を見てみることをオススメします。就活が本格的に始まってから「ちょっと違うかも・・・」と不安に思うことがないように。他業界も見たけどやっぱりテレビがいい!と思えたなら、より自信を持って就活に臨めると思いますよ!

まず頭に自信のない人はSPIの勉強をして下さい!!説明会などが始まったら勉強する時間がなくて私みたいに苦労します(笑)。 あとは自己PR、学生時代に頑張ったこと、長所と短所など、どこの会社でも聞かれそうなことは固めておくと、怒涛のようにエントリーシートを書く時期になっても少しは楽になります。

何かを頑張ることです!サークルでもゼミでもバイトでも何でもいいと思いますが、一生懸命ものごとに取り組むことで初めて見えてくる自分の長所、短所があります。それらを知ったうえで就活に臨むと、ESにせよ面接にせよより深い、いいものになると思います。

簡単に聞こえてしまうのですが、自己分析です。私もかなり苦労したのですが、表面的なものではなく、かなり深くまで掘り下げる必要があるなと思います。(アナウンス職)

趣味を極めること。心から熱く語ることのできる分野を1つでも持っていると、強みになると思います。就活が始まってからも、趣味の時間を上手につくって浸っていました。気持ちのリセットにもなります。(アナウンス職)

Q6就職活動中の皆さんへのメッセージ

就活は戦略が大事です。この企業はこれからどんなことをしていくのか、どんな人材を欲しがっているのか、そこで自分はどんな風に役に立てるのか。これが書けない企業にはエントリーしませんでした(もちろんテレビ局でも)。多分これが分からない企業に行ってもお互い良いことはないかと思います。一方で東海テレビはガチンコで私のやりたいコト勝負をしたので、本当に行きたい企業は戦略どうのではないのかもしれません。就活頑張ってください!

就活中は情報が色々と錯綜しますが、気にしなくて大丈夫だと思います!次の春から働くのが楽しみになるように、満足の行く就活をしてくださいね!上手くいくよう願ってます、ファイトです!

絶対に自分のやりたいことを諦めないでほしいです。
テレビ局などのマスコミ業界は選考が始まる時期は早くて、採用人数は少ない。だから内定をもらうまで長丁場の戦いになるかもしれません。でも諦めずに続けてほしい。
〇〇で働きたい!!とか、こういう仕事がしたい!!とか、働いてる自分を妄想して、強い気持ちを持って就活を続けてほしいです。

今が、この先の長い人生を決めるターニングポイントだと思うと、心配で仕方がないと思います。実際に僕もそうでした。ですが、その心配は必要不可欠なのです。心配だから一生懸命頑張ることができます。心配だから真剣に考えることができます。心配だから妥協しない。そうして頑張った後には、必ず良い結果が待っています。内定をもらうことができた時、その心配は安心と喜びに変わります。この時の気持ちは言葉に表せないほど最高です。だから今は一生懸命頑張って下さい。 けど、たまには息抜きも忘れないで下さい!

たいへんなこともたくさんあると思いますが、頑張って!!

就職活動は、なによりも体調管理が一番大切だと思います。これからの季節、マスクとのど飴は毎日必須ですよ!でも、もし試験当日に少し調子が悪くても、気持ちさえしっかり持っていればアドレナリンでなんとかなります!心配せずに乗り切ってくださいね!(アナウンス職)

上手くいかない事も多いですし、悩む事も多いと思いますが、強い気持ちを持って取り組めば、必ず良い結果は出ます。頑張ってください!!

ぶれないことが重要だと思います。色んな人が色んな体験談やアドバイスをするので、わけがわからなくなる時ってあるかもしれませんが、結局戦うのは自分です。これだと思うものを信じて、自分の言葉で思いを込めて話してください!(アナウンス職)

数字で見る内定者
インターンシップに行った社数
平均4.7
説明会に参加した社数
平均8.3
エントリーシートを提出した社数
平均12.5