はじめに

これは、家族の“崩壊”と“再生“、そして42歳の主婦・浅倉智子が“幸せ”を見つけ出す物語です。

誰もが安息の場所だと思っている家族…。しかし、どの家族もほんの些細なことから崩壊してしまう危険性をはらんでいます。

この物語に登場する浅倉家もそんな家族のひとつです。浅倉家の夫婦は、会社や近所で誰もがうらやむ「理想の夫婦」。主人公・浅倉智子(田中美奈子)は念願のマイホームを手に入れ、幸せの絶頂にいましたが、その直後、高村燿子(神楽坂恵)を轢いた交通事故をきっかけに、家族崩壊の坂道を転がり落ちていきます。

家族思いで頼れる存在だった夫・達彦(西村和彦)の浮気、横領。自分の家族こそ理想だと信じて疑わなかった長男・良介(上遠野太洸)の高校中退、同棲。そして、両親から溢れるほどの愛情を受けていた長女・香織(伊藤梨沙子)が売春を決意、さらに達彦の同僚・矢崎修(柳沢慎吾)との秘密の関係。

「夫のため…、子供のため…」と尽くしてきた智子が何よりも大切にしてきた、家族との幸せな時間――。それを失った智子は、やりきれない悲しみと苦しみから背徳の恋へと堕ちていきます。

それぞれが純粋に幸せな家庭を求めるが故に、かすかな綻びから全員が問題を抱え、家族がバラバラに…。もはや修復不可能にみえる浅倉家。しかし、必ず再生の道はあるはずです。本音でぶつかり、心の傷をさらけ出すことで生まれる本当の家族の絆を信じて、智子は懸命に再生の道を探します。それは智子自身の生きる道標です。

智子は、幸せの時間を取り戻すことはできるのでしょうか。浅倉家にかつての温かい団欒は戻ってくるのでしょうか。想い描く理想の家族とは、どんな姿をしているのでしょうか。

原作は、国友やすゆきの名作コミック『幸せの時間』。残酷な真実と向き合う登場人物に共感し、本音むき出しでバラバラになる人間関係から目が離せないと、シリーズ累計400万部突破の人気作です。その理由は、ドラマに描かれる問題がどの家庭にも大なり小なりあること、そして、浅倉智子がどこにでもいる幸せな家族を求める普通の主婦であるからです。

――この物語は、あなたとあなたの家族の「幸せの時間」を探す物語でもあるのです。

キャスト
田中美奈子
西村和彦
上遠野太洸
伊藤梨沙子
・
神楽坂恵
柳沢慎吾
ほか
スタッフ
企画
中島資太
原作
国友やすゆき「幸せの時間」(双葉社刊)漫画アクション
脚本
いずみ 玲 『取調室シリーズ』『天使の代理人』ほか
音楽
甲斐正人
主題歌
Ms.OOJA 『見上げてごらん夜の星を』(ユニバーサル シグマ)
演出
  • 松原 浩(AX-ON)『青の時代』『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』『聖者の行進』
  • 本間 美由紀(AX-ON)
  • 森 雅弘(AX-ON)
プロデュース
  • 西本淳一(東海テレビ)
  • 猪飼健夫(東海テレビ)
  • 大森美孝(AX-ON) 『ティ0ンコート』『ニセ医者と呼ばれて~沖縄・最後の医介輔~』『私は貝になりたい』
協力
AX-ON
制作
東海テレビ

What's New!

blog