弁当

「幸せの時間」 音符弁当

・ハート型の小さなお弁当箱を物相型として使用しています。
・ご飯のハート型を壊さないように、おかずをつめたら、ゆで卵の黄身とでんぶを載せます。
・はんぺんを薄く切り、曲線のリボンのように切り五線譜にします。黒い線は海苔を細く切って貼り付けます。

・昆布の煮物で音符を作ります。市販の型(キャラッパ)で楕円を切り抜きます。音符の旗の部分は、写真のようにハート型の丸い部分を使って昆布をカットして作ります。
できるだけ音符を大きくつくるというご注文でしたが、もっと大きなほうがいい場合は、大きい楕円型を使って大きくなさってください。その場合、五線譜も大きくしないと変ですが、お弁当とのバランスもありますので、大きな音符になさる場合は、五線譜を取ってしまってください。

e-obento.com 宮澤真理
宮澤真理さんウェブサイト「e-お弁当作っちゃいました」

What's New!

blog