トピックス

【幸せの時間】制作発表リポート

出演者の皆さんMS.OOJAさん

  10/22(月)、都内で本作の制作発表が行われました。会場は終始、柳沢さんの楽しいトークで笑いにあふれていました。
 最後には主題歌「見上げてごらん夜の星を」を歌うMs.OOJAさんもサプライズで登場。故・坂本九さんの国民的名曲をしっとり歌い上げ、キャストの皆さんも笑顔で拍手を送っていました。
 記者さんもたくさんご来場いただき、大変盛況となった会見での、皆さまのコメントを紹介します。

制作発表動画を見る

原作・国友やすゆきさん

 僕の元々の漫画は男性週刊誌のほうで男性をターゲットに書いています。もしテレビでやっていただくんだったら、昼ドラがいいなあとすごく思ってまして、今回実現して嬉しく思っています。  今、第1話の試写を拝見しまして、皆さん気合が入っていて、すごく期待できます。本当に楽しみにしています。

脚本・いずみ玲さん

いずみ玲さん

 国友先生が試写を見終わった後、すごくウケて下さったので、大変今ホッとしています。原作は夫・達彦が主役ですが、ドラマ化にあたっては妻・智子を主役にしました。新しく加えた要素もたくさんあるのですが、国友先生の本当にしっかりとした原作がございますので、私としてはそのことに非常に安心して、その安心の上で、とても自由に執筆をさせて頂けたと実感しています。原作ファンの方も大勢いらっしゃると思いますので、原作との違いなども、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

人物紹介田中美奈子さん(浅倉智子役)

田中美奈子さん(浅倉智子役)

 皆さんこんにちは。田中美奈子と申します。浅倉智子を演じさせていただいております。出産後、このようなとてもありがたい、主役というお話をいただけるとは思っていなかったので、とてもびっくり致しました。また、共演者の皆さんはよく知っている方も多く、そういう意味では守られているような気持ちで現場に入らせていただいてます。
 智子というキャラクターをつかむのは自分の中でなかなか難しかったのですが、この「迷いながら演じていく」というのがいいのではないか、と思えるようになってきました。最終的には智子と共に自分を壊して壊して、また立て直して、また壊しての繰り返しの中で、大きく成長していけばいいのではないかと思っております。
 最後まで、負けそうな自分に負けずに、勝って笑顔で最終回を迎えたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

人物紹介 西村和彦さん(浅倉達彦役)

西村和彦さん(浅倉達彦役)

 浅倉達彦を演じます西村和彦です。脚本を書かれたいずみ先生に、僕は昔何か悪いことをしたんじゃないか、というくらいどんどん浅倉達彦は変化していきます。台本を読んで、あまりの面白さにゲラゲラ笑った後に、『この達彦って、誰が演じるんだろう』と不安になるぐらいです。
 今日、制作発表ということで、昨日5話まで見たんですが、非常に面白くて。3話くらいまでは笑いながら楽しんでたんですが、4話あたりから笑えなくなりました(笑) 非常に身につまされるというか、身近に感じられるドラマなんですね。東海テレビのドラマは『ありえないだろう!』というものも多いですが、今回のドラマは逆です。あり得るんですね。身近にある、そこにある恐怖というものを描いていますので、皆さん恐怖感を覚えながら、楽しんで頂きたいと思います。

人物紹介 上遠野太洸さん(浅倉良介役)

上遠野太洸さん(浅倉良介役)

 浅倉良介役を演じます。上遠野太洸です。僕は高校3年生の受験生で、普通の男の子という役どころなんですけど、絵描きの奈津という女の子と出会うことで、少しずつ成長し、恋をして、男になっていきます。その中で、浅倉家が崩壊していったり、様々な不幸を経験したりして、自分自身の幸せを探していきます。
 母親に甘えた坊やから、一人の男になっていく、その良介の成長の過程をちゃんと見せていけたらと思っています。頑張ります。よろしくお願いします。

人物紹介 伊藤梨沙子さん(浅倉香織役)

伊藤梨沙子さん(浅倉香織役)

 浅倉香織役を演じさせていただく、伊藤梨沙子です。ずっと小さい頃から昼ドラを見ていて、まさか自分が出られることはないだろうと思っていたので、本当に心から嬉しく思っています。  香織を演じていて、どんどん浅倉家がボロボロと壊れていくのを経験して、家族の意味や大切さを改めて感じました。私は今、思春期でお父さんとあまり口をきいていないんですけれども(笑)、もう少しコミュニケーションを取ろう、と思います。これから、よろしくお願いします。

人物紹介 神楽坂恵さん(高村燿子役)

神楽坂恵さん(高村燿子役)

 高村燿子役をやらせていただいている、神楽坂恵です。歴史ある昼ドラに出演することができて本当にとてもうれしく思っています。周りの皆さんにいろいろ教えていただき、勉強して、日々成長させていただいております。
 燿子は「狂気の女」と言われたりするんですけど、私からしてみると本当に切なくて悲しい心を抱えて、それでも自分に正直にまっすぐ生きている、愛すべきキャラクターだと思っています。一生懸命、燿子になりたいと思います。

人物紹介柳沢慎吾さん(矢崎修役)

柳沢慎吾さん(矢崎修役)

 どうも皆さん、このお忙しい中、本当にありがとうございます。キャストの皆さん、本当に朝から晩まで頑張っています。いつセリフを覚えているんだろう?と、僕はずーっと思っています。そして題名がいいじゃないですか、『幸せの時間』。皆さんは考えたことがありますか?(会場笑)
 私にとっての幸せの時間とは何だろう? 私、ずっと考えていました。撮影の合間、キャストの皆さんやスタッフの皆さんとしゃべっていることが幸せの時間だったんです。本当に皆さん、頑張ってます。放送まで2週間を切りました! ぜひ皆さん、一筆書いて盛り上げて下さい。
(西村さん:コンパクトに!!)
 私はこの『幸せの時間』で良い夢を見ようと思います。どうもありがとうございます!

What's New!

blog