トピックス

幸せの時間 クランクアップ

 浅倉家の人々が新たな人生を前向きに歩む姿を描き終了した「幸せの時間」。大変多くの方にご覧いただき、誠にありがとうございました。

 ドラマの撮影が終了したのは11月下旬のこと。香織が矢崎と絵里子の結婚式を挙げたいと医師に直訴する場面とその前後のシーンを撮り、オールアップとなりました。

 ちなみに燿子役の神楽坂さんはその前日、ロケで撮影された浅倉家の家屋の前のシーンで一足先に全撮影を終了。花束を渡されると涙ながらにスタッフ、キャストの皆さんへの感謝の言葉を述べていました。
 そんな神楽坂さんに撮影が終わった感想を聞くと、「撮影はあっという間でしたが、濃密というか、みっちりと“詰まった日々”だった気がします。初日の不安、焦り、初めて浅倉家に乗り込み、智子さんと対峙したときの複雑な心境…。いろいろなことが思い出され、胸がいっぱいです」と語ってくれました。

 さて、オールアップの日のことに話を戻すと、当日のスケジュールの都合で良介役の上遠野さんが、かでなさんとともに他のキャストの方々より先にクランクアップを。現場を後にする際も名残惜しそうだった上遠野さんに撮影を振り返ってもらうと、「こんなに勉強になった現場はないです。20歳を迎えた記念の年にこの作品に出会えたこと、(田中)美奈子さん、西村さんを始めとする尊敬する先輩方に出会えたことに感謝しています。たくさんの方が見てくださっているということでうれしかったです」とのことでした。

 現場では次に高樹さん、筒井さんが撮影を終え、「久しぶりの連ドラの現場、楽しかったです」(高樹さん)、「素敵な役を演じさせていただき、ありがとうございました」(筒井さん)とそれぞれに挨拶。

 そして最後に、田中さん、西村さん、伊藤さん、柳沢さんが最後のシーンを撮り終え、「幸せの時間」の撮影はオールアップとなりました。

 挨拶では、伊藤さんは「終わってしまったんですね。実感がないです。でもこの作品と出会えたことが本当にうれしいです。とにかく毎日、勉強になりました。ありがとうございました!」と言いながら、深々とおじぎを。さらに西村さんは「やって良かったと心から思える作品です」、田中さんは少し涙ぐみながら「皆さんに支えられ、この日を迎えられたことに感謝しています」と語っていました。そして柳沢さんからは「この現場で良い夢見させてもらったよ。あばよッ!」という伝説の決めゼリフが飛び出し、現場の盛り上がりは最高潮に達したのでした。

 最後に田中さん、西村さんのコメントを紹介します。

人物紹介田中美奈子さん(浅倉智子役)

田中美奈子さん(浅倉智子役)

 こうして無事クランクアップの日が迎えられるとは…。ハードスケジュールの日々でしたが、スタッフ、キャストの皆さん、さらに応援してくださる皆様に支えられここまでやってこられました。本当に感謝、感謝の気持ちでいっぱいです」

人物紹介 西村和彦さん(浅倉達彦役)

西村和彦さん(浅倉達彦役)

 「視聴者の皆さんがこの作品の世界を、さらに浅倉家を始めとする登場人物たちを自分の近しい環境、近しい人間と感じ、感銘を受け、いろいろ考えてくださったのならとてもうれしく、演じ手としてこの作品に挑戦した甲斐がありました。応援してくださった方々に感謝しています。ありがとうございました」

What's New!

blog