上条圭子(小林幸子)

 完全無欠のよつば小PTA会長。黒いスーツに身を包んだその威圧感についたあだ名は、サタン上条。よつば小PTAを規則という鎖でしばり、校長でさえ口を出せない絶対的な権限を持つ。陽子が、陽子なりの主張と行動でPTA絡みの事件を解決する度に、そこにある決定的落ち度を論理的に指摘する。PTAは「親が“ 良い保護者” になるために不可欠だ」と信じ、秩序を守るためであれば異分子に転校を示唆することも厭わない。子供を愛する気持ちは陽子と同じく強固だが、それぞれ生き方の違いが大きく対立をさせてしまう要因となる……。