山田陽介(笹原尚季)

 陽子の最愛のひとり息子。小学1年生になったばかりの天真爛漫で素直な男の子。陽子の仕事が忙しいことも理解していて、一緒にいたくても健気に「がんばって」と言える優しく強い少年。それが陽子には辛いところでもあるのだが……。