昭和すいっちSP ~写真が紡ぐ家族の物語~ モノクロ写真から50年を超える家族の物語が始まりました。2018年5月26日(土)10時25分~放送

「昭和すいっち」とは?

 去年10月に始まった「スイッチ!」内の週1回のレギュラー企画。昭和に撮影された一枚の写真をきっかけに、そこに写る景色・人物などが現在どうなっているのか、岐阜県養老町出身のタレント・敦士さんが訪ね歩き、その土地の人たちに聞き込みを重ねながら、その写真に詰まっていた物語をひも解いていくコーナーのこと。スイッチ!スピンオフ特番として放送します。

番組のあらすじ

 今回、この特番でフォーカスを当てるのは、春日井市の藤本梨沙さんからの依頼。55年前、伊勢方面への新婚旅行で撮影された祖父母が写る写真が番組宛に届きました。

 早速、敦士さんが依頼者と祖母・堀田則子さんを訪ね、当時の詳しい話を聞き出そうとしますが、則子さんの記憶は全くなく、有力な手掛かりは得られませんでした。
 依頼者の熱い想いを胸に向かったのは、三重県伊勢市。モノクロ写真にわずかに写る背景だけを頼りに、伊勢神宮の参道・朝熊山の展望台・二見浦で聞き込みを重ねるも、いずれも該当の場所はなかった。

 しかし、この模様を「スイッチ!」内で放送し視聴者に情報提供を呼び掛けると、電話・メールなどで多くの情報が寄せられました。これらの情報提供をもとに次に向かったのは、三重県鳥羽市。果たして、敦士は依頼者の梨沙さん・則子さんとの約束を果たすことができたのか…。番組終盤のサプライズにもご期待下さい。

<出 演>
敦士
<ナレーション>
松井 美智子(東海テレビアナウンサー)