松尾貴史さん、蛯原友里さん

今週の特集

創業99年!お茶文化支える 「妙香園」

大正5年創業、まもなく100年を迎える「妙香園」。
全国から茶葉を仕入れ、扱うお茶は、煎茶や抹茶などおよそ10種類。
一番人気の「ほうじ茶」は、年間50トンを販売しています。
確かな味の裏には、93歳で現役の、パワフルな社長の姿がありました。

妙香園 本店

住所 〒456-0012名古屋市熱田区沢上2-1-44
電話番号(052)682-2280
【平日・土曜】午前9時~午後7時
【日曜】午前9時~午後6時30分
定休日元日
妙香園 サカエチカ店

住所 〒460-0008名古屋市中区栄3-4-6
電話番号(052)951-2280
午前10時~午後8時
定休日元日
備考

ほうじ茶 300g 1031円
抹茶 妙香 20g 2057円

茶コレート 抹茶 16個入  1544円
茶コレート ほうじ茶 9個入 1031円

創業109年!大須の天津甘栗店 「今井総本家」

109年の歴史を誇る老舗「今井総本家」。
看板商品の焼きたての天津甘栗は、1年中販売されていて、
年末年始を中心に、多いときは1日1トンもの栗が売れています。
天津甘栗に込めた思いとこだわりを、社長に聞きました。

今井総本家

住所 〒460-0011名古屋市中区大須3-30-47
電話番号(052)262-0728
午前9時~午後7時
定休日年中無休
備考

天津甘栗(袋入り) 260g 1080円
天津甘栗 千両箱入り  1700g 12960円
天津甘栗 籠盛り 5万円
(※VTR中の商品の場合)

創業およそ300年!仕出し料理店 「八百彦本店」

創業およそ300年、名古屋市西区に本社を構える「八百彦本店」。
祝い事や法事用の仕出し料理や、弁当の配達などを手掛ける、
江戸時代から続く老舗です。
時代に合わせたものを手作りで。
1日平均4000食を作る、その調理場に密着しました。

八百彦本店 本社

住所 〒451-0041名古屋市西区幅下1-10-44
電話番号(0120)0417 -85
午前9時~午後6時
定休日年末年始
備考

光月 972円 
野立 3780円
あったか御膳 5400円
尾張徳川宗春御膳 2900円
(※4/9~徳川美術館内「宝善亭」で販売)

八百彦本店 松坂屋名古屋店

住所 〒460-8430名古屋市中区栄3-16-1
松坂屋名古屋店B1階
電話番号(052)264-3798
午前10時~午後8時
定休日元日
備考

ブリ煮つけ弁当 864円
お気軽弁当(3種) 756円

特別企画

震災特別企画 愛知・豊根村 4年目の決意

静岡と長野の県境にある、愛知県豊根村。
ここで避難生活を送るのが、宮城県南三陸町出身の後藤仁さん、34歳。
もともと家族でわかめの養殖業を営んでいましたが、震災で豊根村に。
この春、故郷である南三陸町に帰ることを決めました。
豊根村での4年間の思い出と、故郷に対する思いに迫りました。

タブの木 漁協直販所

電話番号(0226)47-3521
午前10時~午後4時
定休日水曜
備考

復興支援ワカメ(300g) 500円
※売り上げの10%が復興資金になります。

お宝照英

愛知・豊田市 足助町

国が文化財保護法で定めた重要文化財、史跡、名勝、天然記念物・・・
照英さんが各地のお宝を訪ね、町の魅力を再発見!
今回は、趣ある町屋が軒を連ねる、愛知・豊田市の足助町へ。

井筒亀

住所 〒444-2424愛知県豊田市足助町田町17
電話番号(0565)62-0018
午前11時〜午後8時
定休日木曜(※中馬のおひなさん期間中のみ営業)
備考

シシ料理 1500円~

こめ助

住所 〒444-2424愛知県豊田市足助町本町37
電話番号(0565)62-0219
午前11時〜午後3時(※商品がなくなり次第終了)
定休日土曜、日曜
備考

シャケ 140円
とん汁 200円(※おかわり自由)

田口家住宅(萬屋)

住所 〒444-2424愛知県豊田市足助町本町8
午前10時〜午後4時
(※中馬のおひなさん期間中のみ営業)
マンリン書店

住所 〒444-2424愛知県豊田市足助町新町2
電話番号(0565)62-0010
午前10時〜午後6時
定休日木曜日(※中馬のおひなさん期間中は無休)