六平直政さん、床嶋佳子さん

今週の特集

味の素「ほんだし」を支える三重・工場潜入

カツオのマークでお馴染、味の素の「ほんだし」。
昭和45年に発売され、大ヒット商品に。
製造工場は全国2カ所、そのうちの一つが三重県四日市市にあるそうで、
3種類のかつお節を使った、こだわりの「ほんだし」作りを紹介しました。

味の素株式会社 東海工場

住所 〒510-0885 三重県四日市市日永1730
電話番号0120-68-8181(お客様相談センター)
午前9時30分~午後5時30分
定休日土・日・祝
ヒット商品を支える愛知・瀬戸のパッケージ印刷技術

「アルトバイエルン」や「サトウのごはん」、「源氏パイ」など、
様々な商品の「顔」となるパッケージの印刷を手掛けている会社が、
愛知県瀬戸市にある「富士特殊紙業」。
全国230社ほどの食品パッケージを受注し、その数は、1500アイテム。
高く評価される印刷技術に、技術者による妥協しないパッケージ作り。
そのウラ側に潜入しました。

富士特殊紙業株式会社

住所 〒489-0071愛知県瀬戸市暁町3-143
電話番号(0561)86-8511
午前8時30分~午後5時20分
定休日土・日
ドモホルンリンクルを支える岐阜の名産「蜂屋柿」

年間252億円を売り上げる基礎化粧品「ドモホルンリンクル」。
実は、そんな大ヒット商品を、東海地方の「あるもの」が支えているそうで、
製造している熊本県の「再春館製薬所」へ潜入。
お客さんのことを考えた工夫がいっぱいの驚きの社内を拝見、
製造に欠かせない、岐阜県の名産「堂上蜂屋柿」の真相に迫りました。

再春館製薬所

<商品に関する問い合わせ>
Tel:0120-444-444
問い合わせ時間:午前8時~午後10時
定休日:年中無休

住所 〒861-2201熊本県上益城郡益城町寺中1363-1

東海仕事人列伝

三重・志摩市 サバ燻製職人

地のサバを使い、極上の燻製を作る、三村洋介さん、45歳。
「冷燻」と呼ばれる手法で作るサバの燻製は、
お刺身のよう食感で、芳醇な香りが特徴。
全国から注文が入り、2~3カ月待ちするほどの人気です。
極上の燻製を作る職人の、技と情熱に迫りました。

大松屋

志摩さば冷燻 片身1枚 980円~

住所 〒517-0703三重県志摩市志摩町和具2568-3
電話番号(0599)85-7900
【Fax番号も同じ】
備考

<注文方法>
Tel・Fax・HPで購入可能
http://www.shima.mctv.ne.jp/~ohmatuya

お宝照英

岐阜・高山市 日下部家住宅

国が文化財保護法で定めた重要文化財、史跡、名勝、天然記念物・・・
照英さんが各地のお宝を訪ね、町の魅力を再発見!
今回は、雪化粧の岐阜県高山市で美しい町屋を訪ねました。

日下部民藝館(日下部家住宅)

住所 〒506-0851岐阜県高山市大新町1-52
電話番号(0577)32-0072
午前9時〜午後4時(12月〜2月)
午前9時〜午後4時30分(3月〜11月)
定休日火曜日(12月〜2月のみ)
備考

入館料:大人 500円/小・中学生 300円

馳走屋 侘助

飛騨牛串焼 1本 480円
和風スタミナスープ 500円

住所 〒506-0841岐阜県高山市下三之町23-4
電話番号(0577)36-2111
午前8時30分〜午後1時30分
定休日水曜日
糀屋 柴田春次商店 宮川朝市店

醤油味噌(生姜入り) 400g 567円
朴葉みそ 330g(朴葉3枚入) 648円

住所 〒506-0841岐阜県高山市下三之町43-9
電話番号(0577)34-6039
午前8時〜午後12時
定休日年中無休