はじめに

豪華トライアングルでお届けする本気の昼ドラ!日向鈴子(ミヤコ蝶々)のおんなの一代記です!!

恋せども、愛せども、彼女にはいつも別れが待受けていた。それでも、彼女は献身的に誰かを愛しつづける。それが、彼女の生きた道― この物語は、激動の昭和という時代に波乱万丈な人生を生き抜き、生涯愛を乞い続けた日向鈴子(ミヤコ蝶々)の“おんな”の一代記です。 上方芸能界のトップとして、富も名声も得たミヤコ蝶々。彼女が残した自著「女ひとり」に、こんな一節があります。「男でも女でも、人間はみんな一人ぼっちではないでしょうか。生まれるときも、死ぬときも一人です。そして、その短い、つかの間の人生の間に、二人になったり、また一人になったり、泣いたり、笑ったり、怒ったり。そんな繰り返しの波があるから、そこに生きる強さと喜びを感じるものです。」 幼い時に実母と別れ、7歳から舞台に立ちつづけた鈴子。旅一座という特殊な環境で育った幼少期、そして初恋、芸人であるが故の別れ、戦争という時代背景がもたらした悲劇、道ならぬ恋、ミヤコ蝶々という看板と一人の女性・日向鈴子としての葛藤―。 彼女が「女ひとり」に残した一節は、華やかな看板に隠された、彼女の本音だと思います。 出演は、ヒロイン・鈴子を演じるのは、ドラマ初主演の映美くらら(第9話から)、継母・さき役に浅野ゆう子、父・英次郎役は片岡鶴太郎が演じます。 さらに、脚本は数々の人気ドラマを手掛ける大石静。そして主題歌は松任谷由実の書き下ろしで、恋と愛に生きた鈴子の一生を彩ります。 人一倍、家族というものにあこがれ、生涯、愛を乞うた人生。激動の昭和という時代を生き抜いた、悲しくとも、逞しい彼女の生き方。日向鈴子という一人の“おんな”の人生の物語にご期待下さい!

キャスト

  • 日向鈴子(ミヤコ蝶々)…映美くらら
  • 日向さき…浅野ゆう子
  • ミス・ワカナ…三倉佳奈
  • 日向鈴子(幼少期)(ミヤコ蝶々)…美山加恋
  • 三遊亭柳枝…神保悟志
  • 斎藤ハナ …多岐川裕美
  • 鈴夫(南都雄二) …山崎樹範
  • 橋口良太(成年期)…鈴木裕樹
  • 春夫…佐野和真
  • 佐伯真蔵…木村 了
  • 吉本せい…かとうかず子
  • 日向英次郎…片岡鶴太郎
  • ほか

スタッフ

企画
西本淳一(東海テレビ)
脚本
大石 静
長沖 渉
音楽
森 英治
主題歌
松任谷由実「恋をリリース」
演出
木下高男(共同テレビ)
三木 茂(共同テレビ)
小山田雅和(共同テレビ)
プロデュース
服部宣之(東海テレビ)
鈴木伸太郎(共同テレビ)
制作著作
共同テレビジョン
制作
東海テレビ

ページの最初に戻る