10日午後、愛知県豊田市の公衆トイレでホースなどが燃える不審火がありました。近くでは前日にも同様の不審火があり警察は連続放火の可能性が高いとみて調べています。

 10日午後2時半ごろ、豊田市小坂町の枝下緑道の公衆トイレから煙が出ているのを近くを通りかかった男性が見つけ、現場近くの市の施設に通報しました。

 施設の職員らによって火は間もなく消し止められましたが、トイレの用具入れの中にあったビニールホースなどが燃えました。けが人はいませんでした。

 警察によりますと、前日の9日には現場から3キロほど離れた豊田市梅坪の公園のトイレでも同様の不審火があり、警察はそれぞれの現場に火の気がないことなどから、連続放火の可能性が高いとみて調べています。
(最終更新:2018/04/11 09:27)