三重県菰野町消防署の幹部職員が、飲酒運転で一時停止違反をしたとして書類送検されました。

 書類送検されたのは三重県菰野町消防署の男性企画監(53)で、先月19日、菰野町福村の交差点で、自分の車で酒気帯び運転したうえ、一時停止違反をした疑いが持たれています。

 違反を目撃した警察官が停車させ調べたところ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということで、調べに対し容疑を認めています。

 男性企画監はこの日は非番で、町の聞き取りに対し、「朝に焼酎を飲んだが、時間を空けたので酔いは覚めている認識だった」と話しているということです。

 町は13日付で停職3か月の懲戒処分としましたが、男性企画監は勤務を続ける意向を示しているということです。
(最終更新:2018/06/14 00:51)