従業員の男性2人に4か月間賃金を支払わなかったとして名古屋市東区のソフトウェア開発会社と、男性社長が書類送検されました。

 書類送検されたのは名古屋市東区のソフトウェア開発会社「アテナシオン」と社長の男性(52)で、去年7月から10月までの4か月、営業担当の男性とプログラマーの男性を無給で働かせた最低賃金法違反の疑いが持たれています。

 未払いとなった賃金の総額は2人合わせて331万円余りにのぼるということで、労基署の聞き取りに対し社長は「経営不振や資金繰りの悪化が原因だった」と容疑を認めているということです。

 また、名古屋市中区のサンドイッチ販売店の代表の男性(47)も従業員の女性6人を無給で働かせたとして書類送検されています。
(最終更新:2018/10/12 21:52)