Blog

星野真里さん、眞島秀和さんが 『シンデレラデート』の真琴と涼太として登場!

2015.11.19

明日11月20日(金)放送の第39話に、星野真里さんと、眞島秀和さんが友情出演!
夫がありながら、別の男性に恋に落ちてしまうヒロインの純愛を描いた
『シンデレラデート』(2014年11~12月放送の東海テレビ・フジテレビ系昼ドラ)で演じた、
真琴と涼太として登場します。


3.jpg


本作と『シンデレラデート』は、同じ伴一彦さんの脚本。
どちらにも"シャコンヌ"が登場しています。


今回の出演では、「同じ名前の店を知っていたから」と
"シャコンヌ"に立ち寄った真琴(星野真里)が、二郎(綾部祐二)たちと交流を。
運命の恋を貫いた真琴と涼太(眞島秀和)の姿を見て、
二郎と咲(白石美帆)は何を感じるのか!?
真琴と涼太の"その後"が分かるのも楽しみのひとつです。


撮影を終えた、星野さん、眞島さんにお話をうかがいました。


――1年ぶりに、真琴と涼太を演じられていかがでしたか?
眞島 「すごく恥ずかしかったし、緊張しました。」
星野 「撮影中は作品の世界にどっぷり入っていますし、"クサいセリフ"にも抵抗はないのですが、その世界から違うところに入るとなると...。『初めて会う人の前で、こんなことを言うの?』と、恥ずかしかったですね。」


――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?
星野 「綾部さんを中心にまとまっていて、楽しそうでした。綾部さんは、たくさんお話をしてくださって。私が子役からやっているので、『先輩だ!先輩だ!』とおっしゃって気を使っていただきました。白石さんもすごくリラックスされて、綾部さんとの空間を心地よく感じてらっしゃるように見えたので、お二人が本当にくっつけばいいのにと思いました(笑)」
眞島 「何ヶ月間か撮影を重ねてきてらっしゃるので、お二人の佇まいにもこのドラマの世界観がありますね。もちろん、私たちもそういう風にやっていたんでしょうけど。それもあって緊張しました。」


――昼ドラ主役の先輩として、綾部さん、白石さんに撮影終盤に向けてのエールをお願いします。
星野 「『シンデレラデート』も、最後の数日間、とてつもないスケジュールの中で撮影しました。大変だと思いますが、力を合わせて、最後まで楽しい雰囲気で乗り越えて欲しいですね。」
眞島 「自分は無事終わったということで力が抜ける感じがあったので、撮影終わってホッとして体調を崩さないように気を付けてください。」