更新日:2017.02.13 11.19 
[ 最新の新着情報一覧へ ] ← 前の情報へ    次の情報へ →
【土曜プレミアム四大陸フィギュアスケート選手権2017女子フリー】18日(土)21:00〜
 フィギュアスケート、2017年最初の大きな国際試合が2月16日〜19日開催の『四大陸フィギュアスケート選手権2017』。この大会はヨーロッパを除く4つの大陸(アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニア)から選手が集い、毎年開催される大会である。国際スケート連盟が主催する選手権で、伝統のヨーロッパ選手権と並び、世界選手権に次ぐ大会と位置づけられている。しかし今回は例年と違い特別な意味を持つ。
 それは、開催場所が2018年の平昌オリンピックと同じ会場「江陵(カンヌン)アイスアリーナ」で開催されるからである。つまり、平昌オリンピックのプレ大会という位置づけになる。海外の多くの有力選手も、来年のオリンピックを見据えて続々とエントリー。1年後を睨んだ「本当の戦い」がこの四大陸選手権から始まる。
 女子はシニアデビューで四大陸選手権初出場を果たした樋口新葉が注目だ。スピード感あふれるスケーティングに、飛距離のあるジャンプが大きな魅力。初のGPシリーズのフランス大会では3位で表彰台。全日本選手権でも、目標の200点に迫る総合得点199.49で2年連続2位の表彰台。フリーに組み込んだ3回転ルッツ+3回転ループを武器に、精神面での成長を果たした16歳の演技から目が離せない。
 また、難病を乗り越えて再びリンクに戻ってきた三原舞依は、シニアデビューで初のGPシリーズ・スケートアメリカで3位。全日本でもSP5位から逆転の3位で表彰台と、堂々の結果を残す。苦難を乗り越えた17歳が、5つの3回転を操り世界に挑む。
 宮原知子の欠場により急遽出場が決まった本郷理華。左足首の痛みで全日本選手権は5位に終わったが、1月の長野国体では連覇を達成。スピンでは全て最高評価を受ける。シニア3年目となる今季、長い手足を使ったダイナミックな演技で2年連続表彰台の舞台に臨む。
 海外勢では、国内大会で210点を超える得点を記録して勢いに乗るケイトリン・オズモンド(カナダ)、ガブリエル・デールマン(カナダ)、カレン・チェン(アメリカ)らが日本勢に迫る。
 各国のトップ選手が集結する四大陸選手権。オリンピック出場枠をかけた世界選手権(3月29日〜4月2日@フィンランド)の前哨戦、そして平昌オリンピックのプレ大会として大注目の熱き戦いをお見逃しなく。

 (選手情報は2月8日現在)
[ 最新の新着情報一覧へ ] ← 前の情報へ    次の情報へ →
東海テレビホームページ